シート処理

機能023

 シート名でブック作成

 シート名と同名のブックにシートを転送したい!

  シート名と同じ名前のブックにシートを転送(コピー)します。該当するブックが存在しない場合は、ブックを新しく作成します。この機能は ValuePack #3
に収録されています。
この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。


こんな時に使います!
 
この機能が実行する処理のイメージは次のとおりです
 ■ ブックの作成とシートの転送


現在のところOneDrive等のオンラインストレージには対応しておりません。

 

※ブックが既に存在する場合、ブックは作成されません。

ブックの存在確認は、処理対象のブックと同じフォルダで行われます。

この場合、既存のブック内のシートを調べ、

同名のシートが存在しない場合は、シートを追加します
 
 ■ シートの追加


シートが存在する場合、 転記元のシートのデータが追加されます
 
 ■ データの追加

 

 

こんな時に使います!

この機能は、ブックに収録されているシートをバラバラに分解して...

シート名と同一のブックを作成
作成したブックにシートを転送(コピー)

...するものです。たとえば、処理対象のブックに「東京」というシートがある場合、フォルダを調べて、シート名と同名のブック「東京.xls」がなければ、このブックを新しく作ります。次に、転記元のブックから、シート「東京」を新しく作成したブック「東京.xls」にコピーします。

もし、同名のブック「東京.xls」が既に存在する場合は、転記元のデータをブック「東京.xls」のシート「東京」に追加します。

毎月発生する支店別や製品別のデータを同名のブックに集積するような時に使うと便利な機能です。
処理対象のシートは、メニューで指定することができます。
 
 ■ 処理対象シートの指定

 

この機能のトップに戻る
 
2005.01.31/2015.11.19