文字処理

機能183

 基準文字桁合わせ

 基準文字の桁位置を揃えたい!

 指定された基準文字の桁位置を揃えて文字データを加工します。
 この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。

 
カッコの桁位置を揃えます
 ■ 基準文字 = ( 、桁合わせ文字 = スペース


 
 

 
 
メニューで「基準文字」と「桁合わせ文字」を指定します。
 
■基準文字と桁合わせ文字の指定


桁合わせを行なうセル範囲を選択して[実行]をクリックします。
 
■桁合わせの実行

 

桁合わせの例

 ■ + と = で桁合わせ

 
 ■ 2箇所の ( で桁合わせ
 ※基準文字が2つ以上ある場合は、それぞれの位置で桁合わせします。


 
 

セルのフォントは等倍フォントを指定してください。プロポーショナルフォントの場合、表示上、桁が合わないように見えます。 

全角と半角が混在する文字データを桁合わせすると、基準文字のバイト位置や、桁合わせ文字の文字種(全角/半角)により、桁合わせが1文字ズレる場合があります。
 


関連機能
機能022:文字パディング


この機能のトップに戻る
 
2006.07.02