その他

機能210

 CSVファイル出力

 CSVファイルを作成したい!

  シート上のデータをCSV形式のファイルに保存します。
保存するセル範囲を指定することができます。この機能は ValuePack #3
に収録されています。
この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。


こんな時に使います!
 
シートの一部をカンマ区切りのテキストファイルに保存します


 
作成されるCSVファイル名の初期値は、”シート名+.csv”です。

こんな時に使います!
データをCSVファイルに出力する機能はExcelにもありますが、
この機能には次のような特徴があります。
   

出力するセル範囲を指定することができます。

保存後にも現在のブック名は変りません。

ブランクのデータは、”” として出力されます。
   
Excelのデータを他のアプリケーションやシステムで利用する時、CSVファイルでデータのやりとりをします。Excelの機能を使ってCSVファイルを作成する場合、「他の形式で保存」という形になるため、現在作業中のブックの拡張子をcsvに変更して保存しなければなりません。「ブックはそのままにして、このシートのデータだけをCSVにしたいのに...」
 
■ ファイルの種類をCSVとして保存


この機能では、ブック名を変えることなく、任意のファイル名でCSVファイルを作成することができます。また、出力するデータの範囲を指定することができますので、「ここだけ出力したい」という時には便利です。
 
■ ブランクデータの出力形式

 


この機能のトップに戻る
 
2004.10.18