環 境

機能252

 リストで名前定義

 セルの名前定義を簡単におこないたい!

 指定したリストデータを使ってセルの名前を定義します。


こんな時に使います!
 
この機能を使った名前定義の手順は次のとおりです
 ■ 名前定義の手順

ワークシートにセルに定義する名前のリストを用意します。



 

メニューの「リストデータ指定」で名前のリストを指定します。


 

機能を「有効」にします。



 

名前を定義するセル範囲を選択して右クリックします。



セル範囲を指定して右クリックすると、あらかじめ指定しておいた名前のリストがショートカットメニューに表示されるようになります。名前の定義は、このリストを使っておこないます。

 

機能が OFF の場合、セルを右クリックをすると、Excel のショートカットメニューが表示されます。
 

こんな時に使います!
この機能は、セルの名前定義を効率的におこなうものです。 名前のリストを指定すると、右クリックで定義する名前の候補がショートカットメニューに表示されるようになります。後は、セルを選択して右クリック。ショートカットメニューから名前を選択するだけです。複数の名前を定義する場合に便利です。

この機能のトップに戻る
 
2005.01.11