シート処理

機能356

 ブロックソート

 複数行のデータをソートしたい!

 複数行で構成されるブロックデータをソートします。

 
3行で1レコードを構成するデータをソートします
 ■ ブロックデータのソート



 

 


  ソートするセル範囲を指定します。
 
■ ソートするセル範囲の指定



  ボタンをクリックして機能を実行します。
 
■ 機能の実行



  1データ(レコード)の行数を指定します。
 
■ 1データの行数の指定



  ソートのキーとなるセルを指定します。
 
■ ソートするキーの指定


上記の例は、「男子人口」をソートのキーとして指定しています。指定するセルは、どのデータ(レコード)のセルでも構いません。上記の例では、「北海道」の「男子人口」のセル(C6)を指定していますが、「青森」の「男子人口」のセル(C9)を指定することもできます。


  最後に、並べ替え順を指定します。
 
■ 並べ替え順の指定


ソートの順序(昇順、降順)を指定して[実行]ボタンをクリックすると、処理を開始します。通常のソートを行なう場合は、「並べ替え順序」として「標準」を選びます。ユーザー設定リストを使ってソートする場合は、適当なリストを指定してください。
 


関連機能
機能091:ランダムソート
機能349:ブロックデータランダムソート
機能508:カッコ内データソート


この機能のトップに戻る
 
2007.06.22