その他

機能363

 VBAマクロファイル出力

ブックに記述したマクロをファイルに出力したい!

  ブックに記述されているVBAマクロのコードをテキストファイルに出力します。複数のブックのコードを一括してファイルに出力することもできます。  

 
現在開いているブックのVBAマクロをテキストファイルに出力します。
 ■ VBAマクロのファイル出力の例
現在のブック(Book1.xls)には次のマクロが記述されているものとします。


 
No. モジュール マクロ

Sheet1 Worksheet_SelectionChange
ThisWorkbook Workbook_Open
Module1 MyProc1、MyProc2
Module2 MyProc3、MyProc4
Class1 Class_Initialize
機能を実行すると、ブック名+.vba のテキストファイル(この例では、Book1.vba)にマクロが出力されます。
 

ファイルは、ブックと同じフォルダに出力されます。
 ■ 機能の実行


テキストファイルには次の形式でマクロのコードが出力されます。 
 
 ■ マクロの出力フォーマット(Book1.vba の例)

 <ThisWorkbook>--------------------------------------------------------
 Option Explicit

 Private Sub Workbook_Open( )
 '
          ・
          ・
          ・
 '
 End Sub
 <Sheet1>--------------------------------------------------------------
 Option Explicit

 Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
 '
          ・
          ・
          ・
 '
 End Sub
 <Module1>-------------------------------------------------------------
 Option Explicit

 Sub MyProc1( )
 '
          ・
          ・
          ・
 '
 End Sub

 Sub MyProc2( )
 '
          ・
          ・
          ・
 '
 End Sub

 <Module2>-------------------------------------------------------------
 Option Explicit

 Sub MyProc3( )
 '
          ・
          ・
          ・
 '
 End Sub

 Sub MyProc4( )
 '
          ・
          ・
          ・
 '
 End Sub

 <Class1>--------------------------------------------------------------
 Option Explicit

 Private Sub Class_Initialize( )
 '
          ・
          ・
          ・
 '
 End Sub
 
 



保存されているブックのマクロを出力する場合は、機能のメニューで「ファイル指定」を実行します。
 
 ■ 保存されているブックのマクロ出力



次のダイアログボックスでマクロを出力するブックを指定します。
 
 ■ マクロを出力するブックの指定

 

 複数のブックを同時に指定することができます。
 

この機能のトップに戻る
 
2007.08.15