検索・分析

機能392

 データ出現頻度集計

 同一データの数を調べたい!

  同一データの数(出現頻度)を調べて集計表に記録します。同じ集計表を使うことにより、日々発生するデータの累計を取ることができます。  

 
Sheet1 と Sheet2 に記録されている同一データの数を調べます。
 ■ データ出現頻度の集計

まず、Sheet1 の同一データの数を集計します。結果は Sheet3 に集計します。
 


 
次に、Sheet2 のデータを調べます。集計シートを同一にすると、データ数は累計されます。
 


 
 
 ◇ 集計シートは機能メニューで指定します。
 
 ■ 頻度集計シートの指定

 
 


類似機能
機能179:セル数のカウント
機能180:データ数のカウント
関連機能
機能263:ユニークデータ抽出
機能323: 差分データセル追加


この機能のトップに戻る
 
2008.03.27