その他

機能393

 Webページオートログイン

ID、パスワードを自動入力してWebページにログインしたい!※只今調整中です

  IDとパスワードの入力が必要なWebサイトのページに自動ログインします。  

ExcelからIEを起動してYahoo! JAPAN にオートログインします
 ■ Yahoo ! JAPAN のログインページ


 
 

 
 

機能メニューの「ログイン情報作成」を実行してID、パスワード等を登録します。
 
■ ログイン情報の作成

 
 

ログイン画面URL ログインページのURLを入力します。  
ログイン後のURL ログインに成功した後に表示されるページのURLを入力します。この項目は入力必須ではありませんが、ログインに成功したか否かを判断する情報になります。上記の例では、この項目は未入力です。
ログインID ログインIDを入力します。サイトによっては、この項目名が、「お客様番号」や「お客様コード」、「会員ID」という表記の場合があります。
ログインID2 ログインIDを2つ入力することが必要なサイトの場合、ここに第二のログインIDを入力します。Yahoo ! JAPAN のログイン画面では、ログインIDはひとつだけ入力しますので、上記の例ではこの項目は未入力です。
パスワード パスワードを入力します。

 
 

 調査開始]ボタンをクリックして自動ログインを試みます。
 

■ 自動ログイン成功


調査開始]ボタンをクリックすると...
 
 
@ IE(インターネットエクスプローラ)を起動して
A ログイン画面URL」に指定されたページを表示し、
B 指定された「ログインID」と「パスワード」を自動入力してログインを試みます。
 
次のような確認メッセージが表示されますので、ログインに成功した場合は[はい]ボタンをクリックします。
 
■ 確認メッセージ


 

最後にログイン情報を保存します。次のような確認メッセージが表示されますので、ログイン情報を保存する場合は[はい]ボタンをクリックしてから、オートログインするサイトの名称を入力します。
 
■ ログイン情報の保存


 

保存したログイン情報は、機能メニューに表示されるようになります。
 
■ オートログインの実行



この項目を選択する事により、ID、パスワードを入力することなく、いつでもサイトにオートログインすることができるようになります。

 

 

ログイン情報は複数登録することができます。  



登録されたログイン情報を編集する場合は、機能メニューの「ログイン情報編集」を実行します。
 

■ ログイン情報の編集


ログイン情報編集」では、ログイン名称の変更、表示順位の変更、ログイン情報の削除、表示順位のソートを行なう事ができます。
 

ログインIDやパスワードなどのログイン情報の詳細を編集する事はできません。このような場合は、一度ログイン情報を削除してから、新たにログイン情報を作成して登録してください。
 
   
 ログインID2の使用例
次のログインページのように、IDの入力項目が2つある場合は、ログイン
ID2を指定してログイン情報を作成します。
 


上記画面では、 に「ログインID」、 に「ログインID2」、
に「パスワード」 を指定します。
 
 

Webページの構成や作られ方により、この機能ではオートログインできないサイトがあります。たとえば、1ページ目でログインID、2ページ目でパスワードを入力するようなサイトはこの機能の守備範囲外になります。また、キー入力ではなく、いわゆるソフトキーボードを使ってログイン情報を入力するサイトもこの機能ではオートログインできません。

オートログインの可能性を確認するためのテストプログラムを用意しております。(※只今調整中です
ご希望の方はメールで こちら にご請求ください。
 
 

この機能のトップに戻る
 
2008.04.07