シート処理

機能462

 連続重複データ削除

 連続している重複データを削除したい!

  列単位でデータを調べ、連続している重複(同一)データを削除します。  

 
連続している重複データを削除します。
 ■ 連続重複データの削除



 

 


  処理対象のセル範囲を選択します。
 
 ■ 処理範囲の選択

 

  機能メニューで「実行」をクリックします。
 

 ■ 機能の実行

 

  連続している重複データが削除されます。
 

 ■ 処理結果

 
 
 

 

 
処理は列単位で実行されます。処理対象のセル範囲を次のように指定した場合、@ 〜 B の各列が処理の対象になります。
 
 
 ■ 列単位での処理の実行


上記の例の処理結果は、次のようになります。


 
 処理実行の確認
処理を実行すると、次のような確認メッセージが表示されます。
 
 ■ 確認メッセージ


メッセージ表示とともに、削除されるセルが選択状態となり、処理結果を事前に確認することができます。
この確認メッセージの表示が不要な場合は、機能メニューの「確認せずに削除する」にチェックを入れて機能を実行します。
 

 
 空白セルを無視する
空白セルも、データが記入されているセルと同等に処理されます。つまり、空白セルが連続している場合、1つの空白セルを残し、あとの空白セルは削除されます。
 
 ■ 空白セルの削除


空白セルを処理対象としない場合は、機能メニューの「空白セルは無視する」にチェックを入れて機能を実行します。
 


 
 ■ 空白セルを無視


 


類似機能
機能177:連続同一データ消去
機能262:重複行の削除
機能402:ペアデータ削除
機能498:リスト内重複データ削除
関連機能
機能137:グループ1行選択
機能146:重複データ有無チェック
機能310:重複データ色塗り


この機能のトップに戻る
 
2009.11.16