環 境

機能504

 Webページ連続表示

 Webページを次々に表示したい!

 URLのリストを元にWebページを連続で表示します。

 
Webページを連続して表示します
 ■ Webページの連続表示



 




ボタンをクリックすると機能メニューが表示されます。
 
 ■ 機能メニュー

 
 URLリストの準備
任意のワークシートに閲覧するWebページのURLを記述します。
 
 ■ URLリスト

URLのリストは1列に記述してください。
 
 機能の実行
URLを記述したセルを選択状態にして、機能メニュー の「実行」をクリックします。
 
 ■ 機能の実行



ウィンドウが開き、ブラウザにWebページが表示されます。
 
 ■ Webページの表示

 
 ブラウザの画面構成と操作方法
 ■ 画面構成

Webページのタイトルが表示されます。

WebページのURLが表示されます。

n / m 形式で現在のページ番号 (n)が表示されます。
 
 ■ 操作方法
次のページ[]、前のページ[]を表示します。
リストボックスから表示するURLを直接指定することができます。
 

 
閉じる]ボタンをクリックするとブラウザを閉じます。
記録]ボタンで記録されたWebページのタイトルが表示されます。
記録]ボタンをクリックすると、現在表示されているWebページのタイトルとURLを記録します。

 
 記録したURLの書き込み
ブラウザ画面の 記録]ボタンで記録したWebページのタイトルとURLをセルに書き込むことができます。[記録]ボタンを使用すると、ブラウザ画面を閉じる際、書き込みの有無を確認するメッセージが表示されます。
 
 ■ 確認メッセージ


はい]をクリックすると、書き込みセルを指定するダイアログボックスが表示されます。
 
 ■ 書き込みセルの指定


URL記録リストは、次の形式でセルに書き込まれます。
 
 ■ URL記録リスト

 
 基準URLの指定
同一サイトのページを閲覧する場合、機能メニュー  の「基準URL」を指定しておくことにより、URLリストの記述を簡略化することができます。
たとえば、http://www.xxx.co.jp の page1〜page3を閲覧する時、通常、URLリストには次のように記述します。
 
http://www.xxx.co.jp/page1.htm
http://www.xxx.co.jp/page2.htm
http://www.xxx.co.jp/page3.htm
 
この場合、基準URLに http://www.xxx.co.jp を指定することにより、URLリストの記述を簡略化できます。
 
 ■ 基準URLの指定

 
 ■ URLリストの簡略化

 

 

 
基準URLを指定した場合、[Enter]、または、[Tab]キーで入力を確定してください。
 
 

この機能のトップに戻る
 
2011.06.15/2016.05.31