シート処理

機能505

 PDFファイル一括作成

 PDFファイルを一括して作成したい!

  PDFファイルを作成するフリーソフト「BullZip PDF Printer」を使い、シートを一括してPDF化します。大量のPDFファイルを作成するときに便利です。  

 
PDFファイルを一括して作成します
 ■ PDFファイルの一括作成



あらかじめ作成するPDFのファイル名、保存フォルダを指定しておくことにより、ファイル名入力のための中断もなく、イッキにPDFファイルを作成することができます。

 

 


当機能は、PDFファイルを作成するフリーソフト「BullZip PDF Printer」を使います。「BullZip PDF Printer」はPDFファイルを作成することが可能なプリンタドライバです。このドライバをプリンタとして追加することにより、PDFファイルの一括(連続)作成が可能になります。
「BullZip PDF Printer」がプリンタとして利用できない環境では、当機能はご使用になれませんので、ご注意ください。

 
 ■ 「BullZip PDF Printer」のダウンロード及びインストール
以下のリンクより、BullZip PDF Printer をダウンロードして、インストールしてください。

ダウンロードはこちらから BullZip PDF Printer

BullZip PDF Printer をインストールすると、使用可能なプリンタとして登録されます。



 


 

 


 

PDFを作成するブックを開き、当機能のツールバーに表示されている「PDF作成定義」ボタンをクリックします。
   

 ■ PDF作成定義ボタン


 


 

ブックに「FF_PDF作成定義」シートが挿入されます。
 ■ FF_PDF作成定義シート

 
列A PDFを作成するシート名を記述します。あらかじめ、ブックに収録されている全シートの名前が記述されています。PDFファイルを作成しないシートの行は削除してください。
列B 作成するPDFのファイル名を記述します既定値としてあらかじめ、シート名+.pdf が記述されています。
列C 作成したPDFファイルの保存場所(フォルダ)を記述します。
たとえば、C:\MyDocument\PDF のように、ドライブ名+フォルダ名 のフルパス名で指定します。
列D PDFファイルの「タイトル」を記述します。省略した場合、シート名が「タイトル」に設定されます。
列E PDFファイルの「作成者」を記述します。省略した場合、Excelのユーザー名が「作成者」に設定されます。
列F PDFファイルを作成する場合は、このセルを空白以外にします。作成が不要な場合は、任意の文字を入力します。既定値としてあらかじめ、* (=PDFファイルを作成する)が記述されています。

PDFファイルの「タイトル」と「作成者」は、Adobe Reader の「ファイル」−「プロパティ」で確認することができます。
 
 ■ PDFファイルの「タイトル」と「作成者」

 
 保存場所の指定
PDFファイルの保存場所は、セルに直接記述することができますが、「PDF作成定義」ボタンをクリックと表示される「フォルダ指定」を使うと、保存場所であるフォルダの指定を簡単に行うことができます。
 
 ■ フォルダ指定


この機能は、保存場所(フォルダ)を書き込むセルを選択状態にしてから実行してください。

機能を実行すると、次のようなフォルダ指定のダイアログボックスが表示されます。
 
 ■ フォルダ指定のダイアログボックス


PDFの保存場所フォルダを指定して[OK]ボタンをクリックすると、選択されているセルにフォルダ名が書き込まれます。
 
 ■ 保存場所(フォルダ名)の書き込み

 
 シートの連結指定
いくつかのシートを連結してひとつのPDFファイルを作成する場合(シートをグループ化して印刷のイメージ)、FF_PDF作成定義シートの「PDF作成シート」の指定を次のようにします。
 
 ■ シートの連結指定


連結(グループ化)するシートの指定は、各シート名を半角のスラッシュ( / )で連結して「PDF作成シート」のセルに記述します。

上記の例は、Sheet1、Sheet2、Sheet3 の3つのシートを連結して一つのPDFファイル(Sheet1.pdf)、Sheet4 と Sheet5 の2つのシートを連結して一つのPDFファイル(Sheet2.pdf) を作成するものです。
 
 機能の実行(PDFファイル一括作成)
「FF_PDF作成定義シート」に指定された条件でPDFファイルの作成を行う場合は、機能メニューの「実行」をクリックします。
 
 ■ 機能メニュー

 

PDF作成後にPDFの内容を表示する場合は、機能メニューの「作成後 PDFを表示する」にあらかじめチェックを入れておきます。

 


この機能のトップに戻る
 
2011.06.24