シート処理

機能509

 符号反転

 セルの値の符号を反転したい!

 セルの値を判定して指定されたセルの符号を反転します。

 
データA列の値がゼロの場合、データB列のセル値の符号を反転します
 ■ 符号反転



 

 


ボタンをクリックすると機能メニューが表示されます。
 
 ■ 機能メニュー

 
 判定値の指定
この機能では、セル(判定列)のデータが特定の値(判定値)の時、指定された列(反転列)のデータの符号を反転します。
判定値は機能メニュー の「判定値」のテキストボックスに入力します。
たとえば、判定値をゼロとする場合は、次のように判定値を指定します。
 
 ■ 判定値の指定

 
 

判定値の入力後は[Enter]キーまたは[Tab]キーを押して入力を確定してください。

複数の判定値を指定する場合は、スペースで区切って判定値を入力してください。
次の例は、判定値に、0、 2、 4、 の値を指定する場合のものです。
 
 ■ 複数の判定値の指定

 
 反転列名の指定
セルの値を反転する列名は、機能メニュー の「反転列名」のテキストボックスに入力します。
下の例は、反転列名に列Cを指定したものです。
 
 ■ 反転列名の指定

 

反転列名の入力後は[Enter]キーまたは[Tab]キーを押して入力を確定してください。
 
 反転セルに色を塗る指定
値を反転したセルを明示するため、セルに色を塗る場合は、機能メニュー の「反転セルに色を塗る」をクリックします。
色指定のためのダイアログボックスが表示されますので、 反転セルに塗る色を指定します。
 
 ■ セルの塗り色の指定



塗り色を「薄い黄色」に指定した場合、反転セルは次のように塗られます。
 
 ■ 反転セル色塗り

 
 機能の実行
機能を実行する場合は、機能メニューの 判定値」 と、反転列名」を指定後、次の操作を行います。

  判定列を選択状態にします。
 
 ■ 判定列の指定

 

  機能メニュー の 「実行」をクリックして機能を実行します。
 

 ■ 機能の実行


機能を実行すると、 で選択されたセル範囲を調べ、セルの値が「判定値」に等しい場合、反転列名で指定されたセルの値を反転します。
 
 セル範囲の符号を反転する
セルの値を判定して符号を反転するのではなく、単純に、選択されたセルのデータの符号を反転する場合は、機能メニュー の「セル範囲の符号反転」をクリックして、メニュー項目にチェックを入れます。
 
 ■ セル範囲の符号反転機能の有効化


この機能が有効な場合、セル値の判定は行われず、選択されたセル範囲のセルのデータの符号を反転します。
 
 ■ セル範囲の符号反転

 


関連機能
機能258:セルへの加算/減算


この機能のトップに戻る
 
2011.08.17