図 形

機能045

 図形整列

 図形を整然と並べたい!

 シート内の図形をきれいに整列する機能です。この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。

 
1段に3つの図形を配置します
 ■ 1段に3つの図形を配置



 

行間隔・列間隔の指定

図形間のセル数と各段間の行数を指定することができます。
 
 ■ 行間隔=2、列間隔=2

 
 ■ 行間隔=0、列間隔=0

 

均等、圧縮の指定

配置方法を「均等」にした場合、最大の図形サイズを基準にして、各図形を等間隔で整列します。
 
 ■ 配置方法=均等(行間隔、列間隔は0)


配置方法を「圧縮」にした場合、各段の最大サイズの図形に合わせて段の占有行数が決まります。
 
 ■ 配置方法=圧縮(行間隔、列間隔は0)

 

センタリング

センタリング指定をすると、各図形を表示セル範囲の中央に配置します。
 
 ■ センタリング

 

外枠

外枠指定をすると、各図形の表示セル範囲に罫線を表示します。
 
 ■ 外枠

 
 

◇ 図形を整列する各種の条件は、ツールボタンのメニューで指定します。
 
 ■図形整列のメニュー


■ 基準セル
 最初の図形を配置するセルをA1形式で指定します。基準セルは、図形の表示セル範囲の左上隅になります。

■名前でソート
 図形名でソートして整列を行う場合は、この項目をチェックします。この項目にチェックがない場合は、シートへの貼り付け順で整列が行われます。
 


関連機能
機能240:図形センタリング
機能241:セル範囲図形中央
機能320:指定位置図形配置
機能394:図形基準行高調整
機能651:画像ファイル読み込み


この機能のトップに戻る
 
2004.12.25