環 境

機能118

 フォント選択


 
 使用頻度の高いフォントをリストの先頭に表示したい!


  フォント設定用のドロップダウンリストを表示します。使用頻度の高いフォントをリストの先頭に表示します。この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。
 


こんな時に使います!
 
独自のフォント設定用ツールバーを表示します



 


 
この機能では、フォントの使用履歴を10個まで記憶します。次回のExcelの起動時、使用頻度の高いフォントがリストの上位に位置するようになります。
 


関連機能
機能015:半角フォント設定
機能024:フォント設定
機能168:フォント設定パレット
機能297:フォント一覧表示
機能306:指定文字フォント設定


こんな時に使います!
この機能は、独自のフォント設定ツールバーを表示するものです。

「フォントの設定には、Excelの書式設定ツールバーを使えばいいジャン!」...その通りですが...

書式設定ツールバーのフォント指定用ドロップダウンリストでは、フォントの並びが変らないため、選択に時間がかかる場合があります。たとえば、日本語は「MS Pゴシック」、アルファベットは「Courier New」を使用する場合、フォント選択のためリストを2〜3度スクロールする必要があります。
 
 ■ Excelの書式設定ツールバーによるフォント指定


「2〜3度のスクロールの手間」とあなどる事なかれ。累積すれば、失われた時間は膨大になります。この機能では、使用したフォントをリストの先頭に表示することにより、使用頻度の高いフォントを−リストのスクロール操作なく−簡単に選択することができます。

この機能のトップに戻る
 
2004.10.16