図 形

機能149

 囲み文字の表示

  などの丸囲み数字を表示したい!
 

などの囲み文字を表示します。この機能は ValuePack #1
に収録されています。
この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。


こんな時に使います!
 
丸囲み数字を使って囲碁の棋譜を作成します。

  当機能で指定されている書式に従ってセルに文字を記入します。丸囲み数字の場合、は背景が白、((nn))は背景が黒の指定になります。       機能を実行すると記述に従って丸囲み数字が表示されます。    
     
 
丸囲み数字を表示したワークシートに、オートシェープで作成した盤目を重ね合わせると、棋譜のイメージに仕上げることができます。
 
 

 


 

左記の例ではセルの枠線を非表示に設定しています。
([ツール]−[オプション]の「表示」タブでウィンドウオプションを設定)


類似機能
機能478:図形上連番表示


こんな時に使います!
     
@、A、B、...あれれ!?  21 の丸囲み文字はどうやって入力するの?Wordには「囲い文字」があるけれど、Excelでは使えないみたいだし...。

この機能は、オートシェープ+テキストを使って、3桁までの丸囲み数字を表示するものです。「文字」ではなく、「図形」(オートシェープ)で丸囲み数字を表現するため、文の中で使うことは難しいですが、項目番号の表示や、上記の例のように囲碁の棋譜をExcelで表示する場合に威力を発揮します。
使い方はいたって簡単。丸囲み数字を表示するセルに、の形式でデータを記入してから機能を実行します。n は○の中に表示する数字です。(())と入力すると、背景を黒くした反転の囲み数字を表示する指定になります。

この機能では、丸囲み数字の他、次のような形状の囲み文字を表示することができます。

■囲み文字の種類


■セルへの表記方法


また、数字の他、次の例のように文字を表示することもできます。



◇ 囲み文字の表示位置は、セルの書式設定(配置)に従います。

■囲み文字の表示位置

 

 

セルに( n ) の表記を行う場合は、セルの表示形式を「文字列」に設定してください。表示形式が「標準」の場合、( n ) がマイナスの数値入力と解釈され、-n としてセルに表示されてしまいます。
 

この機能のトップに戻る
 
2004.08.21