環 境

機能326

 タイマーアドイン

タイマーを使ってマクロを一定間隔で実行したい!

  タイマー機能を実装するアドインです。一定間隔毎にオリジナルのマクロを実行する事ができます。  

 
10分ごとにSheet1を調べ、データの行数をステータスバーに表示します
 

 
 
  マクロを作成します。
 
■ マクロの作成
  Sheet1を調べてデータの行数をステータスバーに表示するマクロ

 

マクロの実行間隔(インターバル)と実行するマクロ名を指定してから[タイマー実行ブックとして登録]をクリックします。
 
■ インターバルとマクロ名の指定
 
 

 

 実行間隔(インターバル)は秒単位で指定します。上記の例では600秒 = 10分 間隔で  マクロ MyMacro を1回実行する指定になります。
 

 

 実行するマクロ名を指定します。他のブックのマクロを実行する場合は、
 ブック名!マクロ名 の書式で指定します。たとえば、Book2.xls に記述されているマクロ  MyMacro2 を実行する場合は、Book2.xls!MyMacro2 と指定します。
 

新バージョンでは「マクロのエラーを無視する」というオプションを追加しました。マクロでエラーが発生した場合、タイマーは無効になりますが、このオプションにチェックを入れると、エラーを無視してタイマー機能を継続します。


 有効]をクリックしてタイマー処理を実行します。
 

■ タイマー処理の開始
  

有効]にチェックを入れると、指定されたマクロが一定間隔ごとに実行されます。
 

マクロが実行されない場合はExcelを再起動後、タイマー実行ブックを開き、[有効]にチェックを入れてください。
 
■ タイマー処理の実行例

 
タイマー処理を中断する場合は、[有効]を再度クリックしてチェックを外します。

 
インターバルの秒数を変更する場合は、タイマー処理を一度中断してください。
 


関連機能
機能120:ストップウォッチ
機能157:キッチンタイマー
機能238:アラームクロック
機能458:インターバルタイマー


この機能のトップに戻る
 
2006.12.22