環 境

機能360

 カレントフォルダ切り替え

 カレントフォルダを簡単に切り替えたい!

  カレントフォルダを簡単に切り替える機能です。登録されているフォルダの一覧からカレントフォルダを指定することができます。  


こんな時に使います!
 
メニューに表示されるフォルダ一覧からカレントフォルダを切り替えます。
 ■ 機能メニュー


 
 

 
フォルダ追加

 
  フォルダ一覧に表示するフォルダを追加することができます。
フォルダの追加は次の手順で行ないます。

[1]フォルダの指定

次のウィンドウでフォルダを指定します。
   
 ■ フォルダの指定



[2]フォルダ名の入力

フォルダにわかりやすい別名を付ける場合は、次のウィンドウで名前を入力します。
 
 ■ 別名の入力


 

  初期フォルダに戻す

  カレントフォルダをExcelの「ツール」−「オプション」の「全般」タブで設定されている「カレントフォルダ名」に戻します。
 
 ■ Excelの「ツール」−「オプション」で表示されるダイアログボックス



  登録フォルダ編集
  登録されているフォルダの編集を行ないます。登録フォルダの削除、名前の変更、表示順の指定を行うことができます。
 
 ■ 登録フォルダ編集


 


類似機能
機能070:カレントフォルダの設定


こんな時に使います!
    Excelのカレントフォルダは、ブックを開いたり保存を実行すると、あっけなく変更されてしまいます。ブックの読み込み先と保存先のフォルダが異なる場合や、いくつかのフォルダに散在するブックを編集するような場合は、フォルダの変更操作だけでも大変面倒なものになります。

この機能は、ワンタッチでカレントフォルダを切り替えるものです。あらかじめよく使うフォルダを登録しておけば、リストから登録フォルダを選ぶだけで簡単にフォルダを切り替えることができます。これを使えば、迷路のようなフォルダ構成でも大丈夫!「ファイル」−「開く」を実行すると、イッパツで目的のフォルダのファイル一覧を表示することができます。

この機能のトップに戻る
 
2007.07.18