文字処理

機能399

 UTF-8エンコード

ユニコード文字データをUTF-8コードに変換したい!

  ユニコードの文字データをUTF-8コードの文字データにエンコード します。UTF-8コードの文字データをユニコードの文字データにデコードすることもできます。  


こんな時に使います!
 
”Excelの玉手箱” をUTF-8コードの文字データにエンコードします。
 ■ UTF-8 エンコード


機能を実行する前に、機能メニューでエンコード/デコードの指定をしておきます。
 
 ■ 機能メニュー


デコードの場合も、セルを選択してから機能を実行します。
 
 ■ UTF-8 デコード


 

関連機能
機能225:文字コードの調査


こんな時に使います!
    この機能は、検索エンジンに引き渡す検索キーワードのエンコードを目的に開発されたものです。たとえば、Googleで「Excelの玉手箱」を検索する場合、検索キーワードを入力して[検索]ボタンをクリックすると、ブラウザのアドレス欄には、検索キーワードがUTF-8コードにエンコードされたURLが表示されます。
 
 ■ 検索キーワードのUTF-8エンコード


このエンコードは、検索エンジンのシステムが行いますが、エンコードを自ら行うことによりダイレクトに検索結果のページを表示することができます。これにより、 「機能298:Webクエリ連続実行」を使って複数のキーワードの検索結果を一括して取得することができるようになります。
 
 ■ Webクエリを連続実行するURL

 

この機能のトップに戻る
 
2008.05.26