入力・編集

機能423

 漢字ふりがな付与

他のアプリからコピーした漢字にもふりがなを付けたい!

  漢字にふりがなを自動的に付与します。ふりがなを付与するレベルを指定することができます。他のアプリからコピーした文字データにもふりがなを付与できます。  


こんな時に使います!
 
小学校4年生レベルで漢字にふりがなを付けます。
 ■ 漢字にふりがなを付与(小4レベル)



小4レベルでは、ふりがなを付与する対象として、小学校4年生までに学習する漢字(640文字)が除外されます。上記の例では、「」、「」は小6で学習する漢字です。また、「」 、「」は常用漢字です。レベルを設定すると、除外される漢字を含む文字、熟語にだけふりがなが付与されます。

 

 

 処理オプション
処理オプションは、機能メニューで指定します。
 
 ■ 機能メニュー


文字種
ふりがなの文字種を指定します。
  
 ■ 文字種の指定



レベル
ふりがな付与を除外するレベルを指定します。
 
 ■ レベルの指定


レベル「なし」の場合は、全ての漢字にふりがなが付与されます。
常用漢字」は、教育漢字を含む常用漢字以外の漢字にふりがなが付与されます。
 
 ■ レベル「なし」の実行例


 
 


関連機能
機能370:ふりがな抽出
機能388:ふりがな設定
機能418:ふりがな挿入
機能436:ふりがな一括設定
機能438:ふりがな編集
機能681:漢字読み入力


 

こんな時に使います!
    この機能は、朝日新聞の「天声人語」を小学校2年生の娘に読ませるために開発したものがベースになっています。音読の教材として「天声人語」を選びましたが、学校ではまだ習っていない漢字が多く、読むのに一苦労でした。最初のうちは私がルビをふっていましたが、面倒になり、この機能の開発へと至った次第です。

学年のレベルを設定することにより、学習した漢字に無駄なふりがなを付けることがなくなりますので、より効果的な音読の教材にすることができます。「天声人語」のテキストは、朝日新聞のサイトから入手することができますので、これをコピペしてExcelに転記し、この機能を使って教材へと仕上げていきます。

この機能のトップに戻る
 
2008.11.18/2016.06.01