シート処理

機能452

 列データ行転記

 列のデータを行方向に転記したい!

 列方向(縦)に並んだデータを行方向(横)に転記します。

 
列のデータを1行3列に転記します。
 ■ 列データの転記



 

 


  転記するセル範囲を選択します。
 
 ■ セル範囲の選択

 

  機能メニューの[実行]をクリックして機能を実行します。
 

 ■ 機能の実行

 

  転記先の先頭セルを指定して[OK]ボタンをクリックします。
 

 ■ 転記先の指定


 
 


 

あらかじめ指定されている転記の条件に従って、データが転記されます。
 
 ■ 転記の実行


転記元セルの書式は転記後のセルに引き継がれます。
 転記の条件設定
転記の条件は、機能メニューで設定します。
 
 ■ 転記の条件設定

 
 ■ 転記の条件



 

 
 転記列数
 
 
 1行に転記する列数(セル数)を指定します。
 
 
 
 転記列間隔
 
 転記するデータの列間隔数(列数)を指定します。
 0 を指定すると列間隔を空けずに転記します。
 1 を指定すると1列おきに転記します。
 
 

 
 転記行間隔
 

 
転記するデータの行間隔数(行数)を指定します。
 0 を指定すると行間隔を空けずに転記します。
 1 を指定すると1行おきに転記します。  
 

上記の設定で転記を実行すると、次のような結果になります。
 

 


関連機能
機能032:1列整頓
機能111:セル範囲の転記
機能294:セル範囲1列転記


この機能のトップに戻る
 
2009.07.01