シート処理

機能481

 連続空白行削除

 連続する不要な空白行を削除したい!

 指定された行数以上連続する空白行を削除します。

 
10行以上連続する空白行を削除して2行の空白行にします。
 ■ 連続空白行削除



 

 
 処理の準備
機能メニューの に行数を入力します。
 
 ■ 空白行数の指定

 
 

 

 
行数入力後は[Enter]または[Tab]キーで入力を確定してください。
Tab]キーを押すと、次の入力フィールドにカーソルを移動することができます。
 

の「連続空白行数」 には、処理の対象となる連続した空白行の行数を入力します。ここで入力された「以上」の連続した空白行のセル範囲が処理の対象になります。
 
の「残空白行数」には、処理対象の連続した空白行のうち、何行残すのかを指定します。ゼロを指定すると、全ての空白行が削除されます。
 
 機能の実行
処理対象のセル範囲を選択してから機能を実行します。
 

 

 
ワークシート全体を処理の対象とする場合は、ワークシート左上隅の「全セル選択ボタン」をクリックします


 

機能メニューの「実行」をクリックすると処理を開始します。
 
 ■ 処理の実行

 
 処理内容の表示と実行の確認
機能を実行すると、選択されているセル範囲を調べ、次のような確認メッセージが表示されます。
 
 ■ 処理の確認メッセージ


確認メッセージで[はい]をクリックすると処理を開始します。
 


類似機能
機能166:空白行/列の削除
関連機能
機能312:空白行/セル選択
機能483:連続同一文字削除


この機能のトップに戻る
 
2010.09.29