文字処理

機能483

 連続同一文字削除

 AAAAA を A にしたい!

 連続した同じ文字を削除して1文字にします

 
連続した A を削除して1文字にします。
 ■ 連続同一文字削除

「検索文字」として指定された文字が連続していれば、1文字を残して他の文字を削除します。

複数の「検索文字」を1度に指定する場合は、それぞれを半角スペースで区切ります。
 


 
 


機能メニューの「検索文字」欄に、検索文字を入力します。
 
 ■ 機能メニュー

 
 

検索文字の入力後は、[Enter]または[Tab]キーで入力を確定してください。

処理するセル範囲を選択後、機能メニューの[実行]をクリックして処理を開始します。
 
 ■ 処理の実行

 
 単語の指定
単語を処理の対象にすることもできます。次の例は、”東京、”を検索して連続している単語を削除するものです。
 
 ■ 連続した”東京”の削除

 
 特殊文字の指定
改行や半角スペースなどの特殊文字を検索文字として指定することもできます。セル内改行(文字コード&OA)を指定する場合は、”<LF>”、半角スペースを指定する場合は、”<SP>”を検索文字として記述します。

次の例は、連続した半角スペースを削除するものです。
 
 ■ 連続した半角スペースの削除



次の例は、連続したセル内改行文字を削除するものです。
 
 ■ 連続したセル内改行文字の削除


 


関連機能
機能048:文字の置換
機能128:指定文字以降削除
機能401:n文字目以降置換
機能468:n文字目以降削除
機能481:連続空白行削除
機能518:Excel TRIM関数


この機能のトップに戻る
 
2010.10.18