検索・分析

機能516

 マスタ参照値取得

 マスタに登録されているセル値を転記したい!

  マスタのシートをキー値で検索して、対応するセル値を転記します。

 
マスタからキー値(型番)に対応するセル値(価格)を転記します。
 ■ 価格データの転記


 

マスタ・シートからキー値(型番)を検索します。
該当データ(価格)を取得して作業シートの指定された列に転記します。

 
 


ボタンをクリックすると機能メニューが表示されます。
 
 ■ 機能メニュー

 
 マスタの登録
準備作業として、まず最初に、マスタシートに関する情報を登録します。
機能メニューの マスタ登録」をクリックすると、次のようなダイアログボックスが表示されます。
 
 ■ マスタ登録のダイアログボックス


マスタシートに関する情報を新たに登録する場合は、新規]ボタンをクリックします。現在開いているブック名及びシート名が既定値としてダイアログボックスの に表示されます。マスタシートをあらかじめアクティブにしておくと登録作業をスムースに行うことができます。
 
例えば、ブック「価格表.xls」のシート「Sheet3」をマスタシートとして登録する場合、ブックを開いておき、Sheet3をアクティブにした状態で[新規]ボタンをクリックします。



登録名」の既定値は、 「シート名」と同じ名前に設定されます。登録名は、マスタシートを識別するもので、分かりやすい名前に変更することができます。ここで指定した「登録名」が の「マスタ一覧」に表示されます。
以降の説明では、このマスタシートを「メモリ価格表」という名前で登録したものとします。
 
 

登録名は重複しないように指定してください。

 「ブック名」表示欄の右側にある[選択]ボタンをクリックすると、ブックを開くためのダイアログボックスが表示されます。


 

 「シート名」表示欄の右側にある[指定]ボタンをクリックすると、アクティブシートの名前を「シート名」欄に表示することができます。マスタシートを変更する場合は、登録するシートをアクティブにした状態で[指定]ボタンをクリックしてください。

 マスタシートは、データを転記する作業シートと同一のブックに存在していても構いません。
 
 ・ キー列/項目行の指定
マスタ登録の最後に、マスタシートを正しく検索するために必要な、「キー列」と「項目行」の指定を行います。「キー列」とは、特定のデータを識別するためのキーデータが記入されている列、「項目行」とは、データの種類を識別するデータ項目名が記入されている行を意味します。
 
 ■ キー列と項目行


キー列の指定は、キー列の任意のセルを選択してから「キー列」表示欄の右側にある[指定]ボタンをクリックします。
 
 ■ キー列の指定

 

 「キー列」表示欄には、キーの列番号が表示されます。

同様に項目行の指定は、項目行の任意のセルを選択してから「項目行」表示欄の右側にある[指定]ボタンをクリックします。
 
 ■ 項目行の指定

 

 「項目行」表示欄には、項目行の行番号が表示されます。

 
 ・ マスタ登録の確定
マスタシートに関する情報の指定が終了したら、登録]ボタンをクリックします。
 
 ■ マスタ登録の確定


 
 ・マスタ登録の修正、削除
登録済のマスタシートの情報を修正、削除する場合は、マスタ一覧で処理対象のマスタを選択後、削除]ボタン、あるいは、修正]ボタンをクリックします。 

 マスタシートの指定
機能メニュー マスタ選択」で、参照するマスタシートを指定します。
 
 ■ マスタシートの指定


マスタシートが存在するブックが開いていない場合は、自動的にブックを開きます。
 
 キー列の指定
データを転記するシートで、キーとなるデータが記入されている列を指定します。
 
 ■ キー列の指定

 
 機能の実行
キーが記入されているセルを選択した状態で、機能メニュー 実行」をクリックします。
 
 ■ 機能の実行


機能を実行すると、マスタシートを参照して転記するデータ項目を指定するポップアップメニューが表示されます。
 
 ■ 転記するデータ項目名の指定

 

キー列として指定されたデータ項目名は表示されません。
 
 転記する列の指定
参照したデータを転記する列を指定します。
 
 ■ 転記する列の指定

 

列全体、あるいは、転記する列の任意のセルを選択します。

転記する列を指定して[OK]ボタンをクリックするとマスタシートの参照データが転記されます。
 
 ■ 参照データの転記

 
 全データの転記
マスタシートの全データを転記する場合は、データ項目を指定するポップアップメニューで「全て」を選択します。
 
 ■ 全データの転記


全データを転記する場合は、転記を開始する最初の列を指定します。
 
 ■ 転記の開始列の指定


マスタの全データが指定された列から順番に転記されます。
 


類似機能
機能025:キー項目一括置換
機能669:コピーデータ検索


この機能のトップに戻る
 
2012.01.17