シート処理

機能646

 同一データ連番付与

 同一データに連番を振りたい!

  セル範囲内の同一(重複) データに連番を振ります。同一データの出現回数を調べることもできます。  

 
同一の商品名に連番を振ります。
 ■ 同一データ連番付与


上記の例では、検索セル範囲(列C)に「商品A」は8データあります。
この機能では、検索セルの隣のセルにデータ別の連番を記入します。
 
 


ボタンをクリックすると機能メニューが表示されます。
 
 ■ 機能メニュー

 
 操作手順
機能メニュー の「連番の記入位置」と、 の「連番の表示形式」を指定後、検索セル範囲を選択してから の「実行」をクリックすると処理を開始します。

検索セル範囲は1列だけ指定することができます。


 
 

 

 
連番の記入位置のセルの内容は、実行時にクリアされ、連番が記入されます。機能の実行前に、あらかじめ手動でセルを挿入するか、機能メニュー の「連番記入セルの挿入」を実行してセルを挿入しておいてください。
 

 
 連番の表示形式
連番の表示形式は次の3つの中から指定することができます。
 
連番を記入
既定の表示形式です。セル範囲を検索して同一データの出現順に1からの連番を記入します。
 
 ■ 連番を記入

※ 「商品B」の連番の記入例

 
n / m を記入
n(連番) / m(出現回数 = 同一データの数)の形式で記入します。
 
 ■ n / m を記入

※ 「商品B」の n / m の記入例

 
出現回数を記入
同一データに出現回数( = 同一データの数)を記入します。
 
 ■ 出現回数を記入

※ 「商品B」の出現回数の記入例

この表示形式の場合、同一データの隣のセルには同じ数値(出現回数)が記入されます。
 
 連番記入セルを挿入
機能メニュー  「連番記入セルを挿入」を実行すると、選択セル範囲の位置に連番記入用のセルを挿入することができます。
 
 ■ 連番記入セルを挿入

上記は、検索セル範囲「商品名」の左のセルに連番を記入するためのセルを挿入する例です。
 




類似機能
機能273:グループ連番付与
機能467:ブロック連番付与


この機能のトップに戻る

2014.04.04/2015.10.24