図 形

機能653

 オプションボタン作成

 

 オプションボタンを簡単に作りたい!
 
機能の概要説明の動画がご覧いただけます。

  セルに記入されている選択肢のリストからオプションボタンを作成します 。
※当機能ではフォームコントロールのオプションボタンを作成します。
 

 
セルに記入された選択肢からオプションボタンを作成します
 ■ オプションボタン作成

 
 

 
 
  ボタンをクリックすると機能メニューが表示されます。
 
 
 
 ■ 機能メニュー
 
 

 

 
 
 選択肢の用意
 
  オプションボタンの選択肢はセルに記入します。
 
 
 
 ■ 選択肢の記入
 
 

同一のオプションボタングループに表示する選択肢は同一行の連続したセルに入力します。

複数のオプションボタンを作成する場合は、次のように選択肢を入力します。
 
 
 
 ■ 複数のオプションボタンの選択肢
 
 

 
 
 
 機能の実行
 
  オプションボタンを作成する手順は次のとおりです。
 
 
 

選択肢の先頭セルを選択します。
 
 
  セルに記入した選択肢の先頭セルを選択します。
 
 
 
 ■ 選択肢の先頭セルを選択
 
 

複数のオプションボタンを作成する場合は、選択肢の先頭セルのセル範囲を指定します。



 
 
 

オプションボタンを作成するセルを指定します。
 
 
  選択肢の先頭セルを選択後、機能メニュー 実行」をクリックすると、次のようなダイアログボックスが表示されます。
 
 
 
 ■ オプションボタンを作成するセルの指定
 
 

セル位置を指定して[OK]ボタンをクリックするとオプションボタンが作成されます。


 
 
 


 

オプションボタンを作成するセル位置の既定値は、選択肢の先頭セルから2セル左のセルに設定されています。  
 
複数のオプションボタンを一括して作成する場合は、選択肢の先頭のセル範囲を選択して機能を実行します。

 

 
 
 オプションボタンの仕様設定
 
  作成するオプションボタンの仕様は、あらかじめ機能メニューで設定しておきます。

設定可能な仕様は次の3つです。
1.3-D表示 
2.リンクするセルのオフセット
3.マクロ
 
 
 
 1.オプションボタンの3-D表示
 
  オプションボタンを3-D表示する場合は、機能を実行する前に、3-D表示」にチェックを入れておきます。
 
 
 
 ■ オプションボタンの3-D表示
 
 

 
 
 
 2.リンクするセルのオフセット
 
  リンクするセル(オプションボタンの状態を表示するセル)は、機能メニュー リンクするセルのオフセット」のテキストボックスで指定します。

当機能では、リンクするセルはオプションボタンが表示されているセルからのオフセット(行オフセット,列オフセット)で指定します。



上記の例では、セルB2にオプションボタンが表示されており、その選択状態はセルC2に表示されています。 オプションボタンの表示セルを基点とした場合、リンクするセルC2は、同一行(行オフセット 0)の1列先(列オフセット 1)となります。この場合、「リンクするセルのオフセット」には、「0 , 1」と記述します。



上記の例のように、リンクするセルのオフセットには、行オフセットと列オフセットを半角カンマで区切って指定します。
 
 
 

 

 
オプションボタンを作成すると、選択状態を表す数字(未選択の場合 0)が直ちに表示されます。オプションボタンを作成するセルの位置、リンクするセルのオフセット、選択肢の記入セルの位置関係によっては、選択肢や他のセルの内容が上書きされますのでご注意ください。


 
 
 
 
 
 
 3.マクロ
 
  オプションボタンにマクロを登録する場合は、マクロ」のテキストボックスにマクロ名を入力します。
登録したマクロは、オプションボタンがクリックされると実行されます。


 
 
 

マクロ名の入力後は、[Tab]または[Enter]キーを押して入力を確定してください。  
 
 
 
 
 オプションボタンの削除
 
  作成したオプションボタンを削除する場合は、オプションボタン削除」を実行します。
削除するオプションボタンが表示されているセル範囲を選択後、「オプションボタン削除」 をクリックします。



 
 
 
 組み込みマクロの利用
 
  当機能には、選択されたオプションボタンの選択肢(キャプション)を指定されたセルに表示するマクロが組み込まれています。
このマクロはオプションボタンの「マクロ」として利用することができます。

・マクロ名:FFDispSelItem
・引数  :キャプションを表示する位置(行、列オフセット)

この組み込みマクロを利用する場合は、機能メニュー マクロ」のテキストボックス に次の書式で指定します。

FF機能653.xla!'FFDispSelItem 行オフセット,列オフセット'

引数の行、列オフセットには、オプションボタンが作成されたセルからキャプションを表示するセルまでの行数、列数を指定します。
たとえば、オプションボタンの右隣のセルに選択されたキャプションを表示する場合は、0,1 (同一行の一つ右のセル)と指定します。
 
 
 
 ■ 組み込みマクロの指定例
 
   
 
 
     



類似機能
機能449:チェックボックス表示



この機能のトップに戻る
 
2014.11.05/2015/10/29

「機能653:オプションボタン作成」機能概要の動画