検索・分析

機能106

 カレンダー集計

 集計結果をカレンダーに表示したい!

 日にち単位で集計したデータをカレンダー上に表示します。
 この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。


こんな時に使います!
 
日ごとに集計した売上金額をカレンダーに表示します
 ■ カレンダー集計の表示結果



集計期間が複数月にわたる場合、必要な年月のカレンダーを表示します。
 
 ■ 2ヶ月間のカレンダー集計



 

集計する日付データのセルを選択します。

 ■ 日付データのセル範囲選択

 

日にち単位でデータを集計する列を指定します。

 ■ データを集計する列の指定


列を指定して[OK]ボタンを押すと、集計を開始します。
 
 

 

  
 機能を実行すると、ブックに2つのシートが挿入されます。
1.「FFカレンダー集計」シート
  カレンダーが表示されるシートです

2.「FFカレンダー書式」シート
  カレンダーのフォントや背景色を指定するシートです
 

 
 ◇ 集計方法の指定

集計方法として、 データを日にち単位で加算する通常の「データ集計」と、 日にち単位でいくつのデータ(行数)が存在するかを集計する「出現頻度」のいずれかを指定することができます。
 
 ■ データを集計する列の指定


 
 ◇ 合計表示

、曜日、月 単位で集計データの合計を表示することができます。
 ■ 合計表示


 


関連機能
機能069:カレンダー 日付入力
機能218:カレンダー 日付入力2
機能081:カレンダー作成


こんな時に使います!
    この機能は日にち単位でデータを集計して、結果をカレンダーに表示するものです。指定されたデータを合計する一般的な集計の他、同一の日付の行をカウントする「出現頻度」を集計することもできます。出現頻度は、注文件数や問合せ件数などの集計に利用することができます。
週ごとの合計、曜日ごと合計、月の合計を表示するオプションもありますので、たとえば、曜日別の売上金額の傾向をカレンダー上で確認することが可能になります。

カレンダーの書式はシート「FFカレンダー書式」シートで自由に設定することができます。

 ■ カレンダーの書式設定

 

この機能のトップに戻る
 
2005.03.27