その他

機能115

 サムネール作成


 デジカメ写真の一覧を作成したい!


  デジカメ写真(JPEGファイル)のサムネール(縮小見本)を作成します。画像の整理に、また、DPEを依頼するときのインデックスプリントとして利用することができます。この機能は ValuePack #5
に収録されています。
この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。
 

 
デジカメ写真のサムネールをシート上に作成します。


 
 

 
 
  機能を登録すると次のようなツールバーが表示されます。
 
 ■ サムネール作成ツールバー

 
 サムネールの表示
ワークシートにサムネールを表示する場合は、ツールバーの JPEG読み込み]ボタンをクリックします。ファイル読み込みのダイアログボックスが表示されますので、サムネールを表示するJPEGファイルを指定します。
 ■ 読み込むJPEGファイルの指定ダイアログボックス


ファイルを選択後、[開く]ボタンをクリックすると、サムネールの表示を開始します。

当機能を実行するとシート「FFサムネール」が自動的に挿入されます。サムネールはこのシートに表示されます。サムネールの上のセルにJPEGファイル名が表示されます。



1枚の写真は、6行2列のセル範囲に収まるように縮小して表示されます。
 
 サムネールの消去
表示されたサムネールは、ツールバーの 画像の消去]ボタンで消去することができます。
 
 サムネールの回転
サムネールを回転する場合は、ツールバーの 画像の回転]ボタンをクリックします。
 ■ サムネールの回転


回転する写真をクリックして選択状態にします。画像のまわりにサイズハンドル(○)が表示されます。
画像の回転]ボタンをクリックするたびに右に90°回転します。
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 

Excel2000では、機能的な制約により、写真の回転はできません。  
   
 サムネールの表示サイズ 
シート「FFサムネール」の行の高さ、列の幅を変更することで、サムネールの表示サイズを自由に指定することができます。
 
 ■ オリジナルサイズ(1行19ピクセル、1列72ピクセル)の表示例

 
 ■ 行、列サイズ変更(1行25ピクセル、1列100ピクセル)の表示例

 
 
   
   
   
   
   
   



類似機能
機能224:図形ファイル読込み
機能261:デジカメ写真表示
機能651:画像ファイル読み込み

 
 この機能は、アドインバリューパック#5に収録されています。 
   

この機能のトップに戻る
 
2004.08.29/2014.05.27