その他

機能209

 差し込みデータ作成

 差し込みデータを作成したい!

  テンプレートから差し込みデータを作成します。HTMLやプログラムなどの作成に威力を発揮します。この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。


こんな時に使います!
 
差し込みデータを作成します。

 テンプレートを用意します

差し込みデータのヒナ形となるテンプレートを用意します。


 
データを差し込む位置には、上記の $・・・$ のように、目印となるキーワードを設定します。

※上記例では、差し込み位置を明示するため、目印となる文字を青色&太文字にしてあります。
 

 差し込みデータをを用意します

テンプレートに差し込むデータ(差し込みリスト)を用意します。


 

 機能を実行します

機能を実行して、テンプレートと差し込みデータリストを合体します。



※ 上記の例では差し込まれたデータを青色&太字で表示しています。

 
 



機能を実行すると、それぞれのシートを指定するダイアログボックスが表示されます。
 
 

 

こんな時に使います!
    この機能は、固定文字+可変文字で構成される文字データを作成するものです。作成するデータのヒナ型は、テンプレートとして用意します。
 
■テンプレート


あとは、テンプレートの可変部分に差し込むデータ(差し込みリスト)を用意するだけ。
 
■差し込みリスト


機能を実行すると、次々と差し込みデータを作っていきます。
 
■作成された差し込みデータ

 



◇この機能は、HTMLやプログラムを作成するユーザーの利便を考えて企画・開発されました。
 

 ◇ HTMLの表を作成する

次のようなテンプレートと差し込みリストを用意します。
 
■テンプレート

 
■差し込みリスト


機能を実行して、差し込みデータを作成します。
 
■作成された差し込みデータ


差し込みデータをHTMLにコピー&ペーストすると、次のような表になります。
■Webページの表示例

 

この機能のトップに戻る
 
2004.09.06