図 形

機能427

 どこでも!棒グラフ

 任意の位置に棒グラフを表示したい!

  図形上、あるいは、ワークシート上の任意の位置に棒グラフを表示します。
 
この機能の利用例は こちら をご覧ください。
 

 
オートシェイプの星の上に棒グラフを表示します
 ■ オートシェイプ(☆)上に棒グラフを表示


 

  準備作業
  操作手順
  プロットメニュー
  機能メニュー
  グラフ仕様設定
  その他の仕様
  ・棒グラフの省略表示
  ・マイナスデータの取り扱い
  ・データシート
  ・セル上にプロットを登録する方法
 
 
 
 
 

 

 

 

ワークシート上に図形オブジェクトを配置します。
図形は、これから表示する棒グラフの下絵になります。
 
■ 図形の配置



  配置した図形を選択状態にします。
 
■ 図形の選択



  この状態で、機能メニューの「グラフ描画図形の指定」を実行します。
 
■ 機能メニューの「グラフ描画図形の指定」の 実行


 

機能を実行すると、図形にマクロが登録され、マウスカーソルを図形上に移動すると、 の形に変ります。
 
■ 機能実行後の図形


 
 
 
 
 

棒グラフを表示する位置でマウスの左ボタンをクリックします。
ポップアップメニューが表示されますのでの「新規プロット作成」を実行します。
 
■ グラフ表示位置の指定


当機能では、グラフ表示位置を「プロット」と呼びます。

 

グラフ表示位置にプロットクマーク マークが表示され、プロット名を入力するダイアログボックスが表示されます。
 
■ プロット名の入力


適当なプロット名を入力して[OK]ボタンをクリックします。

キャンセル]ボタンで作成されたプロットを削除することができます。


  データを入力用のダイアログボックスが表示されます。
 
■ データ入力


データを入力して[OK]ボタンをクリックします。

データは最大5つまで入力する事ができます。


  プロット位置に棒グラフが表示されます。
 
■ 棒グラフ表示


 

機能メニューの「データ項目名の編集」を実行して処理するデータ件数を指定します。
 
■ 機能メニューの「データ項目名の編集」を実行


機能を実行すると、次のようなダイアログボックスが表示されます。
 
■「データ項目名の編集」ダイアログボックス


このダイアログボックスでは、入力するデータの項目名を指定すると同時に、グラフに表示する棒の数(処理するデータ件数)を指定します。
この例では、データ4とデータ5の項目が未使用なので、この項目名を空欄にします。
 
■データ項目名の編集


この設定により、データ1〜データ3が有効なデータ項目となり、1プロットにつき3本のグラフが表示されるようになります。
 
■有効データ項目のグラフ表示



  上記の手順の を繰り返し、グラフを完成します。
 
■ どこでも!棒グラフ



 
 
 

 プロットメニュー 
プロットマーク をクリックすると、プロットメニューが表示されます。
プロットメニューには、プロット単位での処理を実行するメニュー項目が表示されています。
 
 ■ プロットメニュー

 
 


 

データ編集 〜 入力されているデータを編集します。


 

グラフ描画 〜 プロット単位でグラフを描画します。


 

グラフ消去 〜 プロット単位でグラフを消去します。


 

グラフ選択 〜 プロット単位でグラフを選択状態にします。
 
機能を実行すると、グラフ及びグラフの付加表示(データ、メモ及びプロット名)が一括して選択状態になり、グラフの移動やコピーを行うことができます。
 
 ■ グラフを選択して移動
 
 
プロットマーク、及びプロットマークを識別するためのプロット名は選択されません。


  プロット名表示 〜 プロット名の表示/非表示を制御します。
 
 ■ プロット名の表示/非表示
 
 
この機能で表示されるプロット名はプロットマークを識別するためのものです。
 


 

プロット名変更 〜 プロット名を変更します。


 

プロット選択 〜 プロットマークを選択状態にします。
 
プロットマークの位置は、グラフ表示の中心になります。グラフ表示位置を変更する場合は、プロットマークを選択状態にしてドラッグするか、上下左右のカーソル移動キーを使います。
 


 

プロット削除 〜 プロットを削除します。
 
プロットを削除すると、既に入力されているデータも同時に削除されます。


 
 
 

 機能メニュー 
当機能のボタンをクリックすると、機能メニューが表示されます。
機能メニューには、全プロットに共通の処理を実行するメニュー項目が表示されています。
 
 ■ 機能メニュー


 
 


 

グラフ仕様設定 〜
棒グラフの色や高さなどのグラフ仕様を設定します。
詳細は、「グラフ仕様設定」 をご覧ください。
 


 

プロットマーク表示 〜
全プロットマークの表示/非表示を制御します。
 


 

プロット名表示指定 〜
プロット名の表示に関する指定を行います。メニュー項目をクリックすると、次のようなダイアログボックスが表示されます。

 
 ■ プロット名表示指定


プロット名を表示するプロットにチェックを入れて[適用]ボタンをクリックします。チェックがOFFの場合、プロット名は表示されません。

ここで表示されるプロット名は、プロットマークを識別するためのもので、グラフの一部として表示される「プロット名」とは異なります。このプロット名はプロットマークと同じように、クリックするとプロットメニューを表示します。 
 


 

プロット指定 〜
プロットの一覧から処理対象のプロットを指定します。メニュー項目をクリックすると、次のようなダイアログボックスが表示されます。
 
 ■ プロット指定


処理対象のプロットを選択して[OK]ボタンをクリックすると、指定されたプロットのプロットメニューが表示されます。
 
 ■ プロット指定によるプロットメニューの表示


この機能は、登録されているプロットが多く、プットマークからプロットメニューを表示しづらい場合に利用します。

 


 

データ項目名の編集 〜
データ項目名の編集を行います。メニュー項目をクリックすると、次のようなダイアログボックスが表示されます。
 
 ■ データ項目名の編集


データ項目名の既定値は、「データ1」〜「データ5」、及び「メモ」に設定されています。入力されているデータの内容に応じて適宜編集してください。

グラフ化するデータはデータ1〜データ5に入力します。「メモ」項目には、グラフ上に表示するコメントなどの文字データを入力します。 

 データ項目名の編集例を次図に示します。
 
 ■ データ項目名の編集例


上記の例では、データ4、データ5のデータ項目名が空欄(ブランク)になっています。データ項目名が空欄の場合、その項目にはデータが入力されていないと判断され、棒グラフの描画対象から除外されます。

空欄でないデータ項目名の数が、描画する棒グラフの数になります。

データ項目名を編集することにより、データ編集画面は次のようになります。
 
 ■ データ編集画面の表示例


 


 

全図形選択 〜
アクティブシートの全図形オブジェクトを一括して選択状態にします。作成した棒グラフ全体をコピーしたり移動する場合に利用する事ができます。
 
 ■ 全図形選択


この機能で作成したグラフの画像をパワーポイントやワードで使用する場合の手順は、以下のページを参考にしてください。
 
    地図グラフの画像をパワーポイントで利用する方法

 


 

グラフ描画図形の指定 〜
プロットを登録する図形を指定します。詳細は、「準備作業」の をご覧ください。

 


 

プロットファイルの読み込み 〜
あらかじめプロットが登録されている別売のプロットファイルを読み込みます。プロットファイルを未購入の場合は、このメニュー項目は表示されません。
メニュー項目をクリックすると、次のようなダイアログボックスが表示されます。
 
 ■ プロットファイルの読み込み


プロットファイルを選択後、[読み込み]ボタンをクリックすると、プロットファイルに収録されているプロットシートとデータシートが作業中のブック(アクティブブック)に挿入されます。
次図は、プロットファイル「世界地図」を読み込んだ場合の例です。
 
 ■ プロットファイル「世界地図」の読み込み


プロットファイル「世界首都」には、世界地図の背景図と各国の首都の位置(193ヶ国)をプロットしたデータが登録されています。
ご用途に合ったプロットファイルをご購入いただければ、プロットの登録作業を省略することができ、データを入力するだけでご希望のグラフを描画することができます。

現在ご提供可能なプロットファイルの一覧は、こちら をご覧ください。


  凡例表示 〜  グラフ仕様に基づいた凡例を表示します。
 
 ■ 凡例表示


凡例は、タイトル、棒の色とデータ項目名の対応、及び、2つのコメントで構成されています。タイトル、及びコメントは自由に編集する事ができます。
 
 ■ 凡例の編集



凡例をドラッグすることにより、表示位置を移動する事ができます。
 
 ■ 凡例の移動


 

  グラフ消去 〜 全グラフを一括して消去します。
 

  グラフ描画 〜 全グラフを一括して描画します。

 

 
 
 

 グラフ仕様設定 
棒グラフの色や高さなどの仕様を設定する場合は、機能メニューの「グラフ仕様設定」を実行します。
 
 ■ 機能メニュー


機能を実行すると、次のようなダイアログボックスが表示されます。
 
 ■ グラフ仕様設定


 

棒の色とパターンの指定 

棒グラフの色とパターンは ボタンをクリックして指定します。


 

ボタンをクリックすると、次のようなウィンドウが表示されます。


 

棒の幅と高さの指定 

棒グラフの幅と高さは ボタンで指定します。



をクリックすると幅と高さの値を増減することができます。指定された値(単位はポイント)は、ボタン左側に表示されます。

ここで指定される棒の高さは、 「棒の高さの適用値」で指定されたデータが描画される際の高さになります。

 

棒の高さの適用値 

の「棒の高さ」で指定された値を適用するデータを指定します。



たとえば、適用値を「最大値」(既定値)に指定した場合、グラフ化対象のデータのうち、最大値のデータが「棒の高さ」で指定された高さになり、その他のデータは、最大値を基準にして棒の高さが決まります。
適用値としては、「最大値」の他、「中間値」と「最小値」を指定することができます。

適用値の違いによる棒グラフの描画例を次に掲げます。

《例》 グラフ化するデータは600、400、200、棒の高さは 50 とします。
 

 ■ 適用値別のグラフ描画



 

棒グラフの形状

棒グラフの形状を指定します。


 

 ■ 棒グラフの形状



 

データ表示

グラフ化したデータやメモ、プロット名の表示に関する設定を行います。
 

 ■ データ表示の例




上記のデータ表示に対応する条件設定項目は次の通りです。



 

グラフ化データの表示

グラフ化したデータの表示位置、表示方向、表示フォントを設定します。 



 

 ■ 表示位置の指定(表示方向=横)

 
 

 ■ 表示位置の指定(表示方向=縦)

 

 

プロット名、メモの表示

プロットマークの位置を基点に、プロット名とメモを表示することができます。 



 

 ■ プロット名とメモの表示例



プロット名とメモは、上下のどちらにも表示する事ができます。
「なし」を指定すると、指定位置にはデータは表示されません。
上に「なし」を指定した場合、下に指定したデータは上位置に表示されます。

データ表示で表示される「プロット名」は、機能メニューやプロットメニューで表示設定を行う「プロット名」とは異なります。前者はグラフの一部として表示されますが、後者は、データの編集などにおいて、プロットマークを識別するために表示されるものです。後者のプロット名は、グラフ描画時に消去されます。

 

フォント設定

データの表示フォントを指定する場合は、 ボタンをクリックします。次のようなフォント設定パレットが表示されます。
 

 ■ フォント設定パレット



[オプション>>]ボタンをクリックすると、フォント色を設定する画面が表示されます。



 

 
 
 
 

 その他の仕様 

棒グラフの省略表示 
グラフ化するデータの内容、及び、指定した棒の高さや適用値によっては、棒グラフの全てを表示できない場合があります。特に、シートの上の方に位置するプロットにおいて、背の高い棒グラフを表示しなければならない時は、その先端がグラフ表示の限界位置(シートの1行目)を越えてしまいます。このような時、当機能では、下図のように棒グラフを省略して表示します。
 
 ■ 棒グラフの省略


 
マイナスデータの取り扱い  
マイナスデータは、プロット位置から下方向の棒グラフとして表示されます。
 
 ■ マイナスデータのグラフ表現


 
データシート  
プロットメニューの「データ編集」で入力されたデータはデータシートに記録されます。データシートのシート名は、プロットが登録されたシートのシート名+DATになります。たとえば、プロットをSheet1に登録した場合、データシートはSheet1DATになります。
データシートは、最初のプロットを登録した時点で自動的に挿入されます。



データシートは直接編集することができますので、他のシートからデータを転記したり、並べ替えを行うことができます。

データシートの1行目の構成は変更しないでください。
未使用の列(上記例では列E、F)削除しないでください。
グラフ化データとして日付データは入力しないでください。
 
グラフ化データの表示は、データシートのセルに設定した書式に従って行われます。データを3桁毎のカンマ付表示、%表示で行う場合は、適宜、データシートに書式を設定してください。
 
 ■ データシートの書式設定


 
セル上にプロットを登録する方法  
プロットを図形上ではなく、セル上に登録する場合は、セルを右クリックすると表示されるショートカットメニューで「新規プロット作成」を実行します。
 
 ■ セルのショートカットメニュー


プロットは、選択されたセルの中心に表示されます。
 
 ■ セル上にプロット作成


以降の処理は、図形上に作成したプロットと同じです。

プロットの位置を調整する場合は、プロットを選択してドラッグします。

 
 ■ ワークシート上のグラフ表示の例


 
 


類似機能
機能244:地図棒グラフ
機能276:プロット棒グラフ
機能432:その場で!棒グラフ
関連機能
機能412:地図地点プロット
機能417:積上棒グラフ作成


この機能のトップに戻る
 
2008.12.08/2015.04.23