シート処理

機能512

 単票データ表作成

 連続した単票データから表データを作りたい!

 連続した単票データから表データを作成します。

 
単票形式が連結されたデータから表形式のデータを作成します。
 ■ 単票データから表データを作成



 

 


表作成定義」を作成します。この定義は...
 
 

@

単票データからどのデータを抽出するか。

A

抽出するデータは単票データのどこにあるか。
(単票データの項目名からの相対セル位置の指定)。

B

表データの項目名(見出し)をどうするか。
 
...などを指定します。
 
 ■ 表作成定義


「表作成定義」は、ボタンをクリックすると表示される機能メニューで「表作成定義シート作成」を実行すると挿入されるシート「FF表作成定義」で行います。
 
 ■ 機能メニュー

 
 ■ 表作成定義シート

 

表作成定義シートの青文字の部分は、セルの内容を変更しないでください。
 
 表作成定義シートの記入方法
当機能で扱う「単票データ」は、データの項目名とデータがペアで記述されている事を前提にしています。
 
 ■ 単票データ


上記のようなサンプルの単票データの場合、列Aにデータ項目名、列Bにデータが記述されています。

 
 ■ 検索キーワードと検索列名の指定
表作成定義シートの には取得するデータの項目名を記述します。
また、 には、データ項目名が記述されている列名を記述します。当機能では、 に記述された列を対象に、 のデータ項目名を検索して抽出するデータの位置を見つけます。
たとえば、サンプルの単票データでは、「氏名」データのデータ項目名は「氏 名」(文字間のスペースも正確に記述します)で、データ項目名は列Aに記述されています。この場合、表作成定義シートには次のように記述します。



 
 ■ 行オフセットと列オフセットの指定
には、抽出するデータが、データ項目名を基点として、どれ位離れたセルに記述されているかを指定します。 サンプルの「氏名」データの場合、データ項目名「氏 名」の右隣のセルに記述されています。右隣のセルは、同一行(行オフセット 0)、ひとつ右のセル(列オフセット 1)になります。
 


オフセットは、基点のセル位置を 0 として、行オフセットは下方向に増え、列オフセットは右方向に増えていきます。
サンプルの単票データの場合の、「氏名」データのオフセットは次のように記述します。
 


 
 ■ 表データのデータ項目名の指定
表データを作成するとき、表データの1行目にはデータ項目名が記入されます。表作成定義シートの には、データ項目名として記入する文字を記述します。
 
 ■ 表データ項目名の指定

 

 

 
「表データ項目名」の指定を省略した場合、「データn」(n は連番)がデータ項目名として記入されます。
 
 
 機能の実行  
機能を実行する場合は、連続した単票データが存在するシートをアクティブにしてから、機能メニューの[実行]をクリックします。
 
 ■ 機能の実行


機能を実行すると、新しいシートが挿入され、表データが作成されます。
 
 注意事項  
当機能では、同一フォーマットの単票データが連続している事を前提に処理を実行します。処理を実行すると、表作成定義シートの「検索キーワード」に記述されているデータ項目名の数を調べます。全ての検索キーワードの数が同一の場合、単票データの1レコードを正しく表データの1行に整形することができますが、検索キーワードの数が異なる場合、作成される表データは、セルがずれる恐れがあります。
 
たとえば、次のような単票データの集合の場合、2番目の単票データのデータ項目名が「かな」(文字間スペースなし)となっており、他の単票データの項目名「 」(文字間スペース)とは異なっています。
 


検索キーワードを「か な」とした場合、2レコード目の「かな」をヒットできず、3レコード目の「か な」を2レコード目として処理を進めます。この結果、データに「ずれ」が生じてしまいます。
 


キーワードの数に相違がある場合、次のような警告メッセージが表示されます。
 


このような警告メッセージが表示された場合、各単票データのデータ項目名を調べて、他とは異なるデータ項目名を修正してください。
 
あるいは、記述が異なるデータ項目名を検索キーワードとして使わずに、他のデータ項目名を基点として選び、行、列オフセットを調整して正しくデータが抽出できるようにしてください。



上記の例では、データ項目名の「か な」を検索キーワードとして使うのをやめ、「氏 名」を使うように変更しています。サンプルでは、「氏名」データの1つ下のセルに「かな」データが記述されていますので、オフセットを調整して正しく「かな」データを抽出するようにしています。
 


類似機能
機能287:キーワードセル抽出
機能660:単票データ表作成2
機能677:セルオフセット移動


この機能のトップに戻る
 
2011.10.14