入力・編集

機能515

  ランダム転記2

  指定したデータをランダムに転記したい!

  指定された任意のデータをセル範囲にランダムに転記します。

 
文字 "A" 〜 "G" を指定されたセル範囲にランダムに転記します。
 ■ 指定データのランダム転記



 

 


ボタンをクリックすると機能メニューが表示されます。
 
 ■ 機能メニュー

 
 転記するデータを指定する
転記するデータは、機能メニュー の「データリスト」に指定します。
 
 ■ 転記するデータの指定

 
 

転記する各データは、半角のカンマ( , )で区切って入力します。

データの入力後は、[Enter]または[Tab]キーを押して入力を確定してください。

入力したデータは保存されます。再利用する場合は、データリストの右端の ボタンをクリックして使用するデータリストを選択します。
 
 ■ データリストの選択

 

新しいデータリストを入力する場合は、データリストの入力欄をクリアしてからデータを入力します。

保存されているデータリストを消去する場合は、機能メニューの 「データリストのクリア」をクリックします。
 
 機能の実行
機能メニューの の「データリスト」で転記するデータを指定(入力、あるいは、保存データの選択)してから、転記するセル範囲を選択します。
 
 ■ データを転記するセル範囲の選択


機能メニューの 実行」をクリックすると、データの転記を実行します。
 
 ■ データのランダム転記

 

選択されたセルの内容は、転記前にクリア(消去)されます。

選択された全てのセルにデータを転記する場合は、機能メニュー の「全てのセルに転記する」にチェックを入れてから機能を実行します。
 
 ■ 全てのセルに転記する


 
 ■ 全てのセルにデータを転記


 
 


 

複数のセル範囲を指定してデータを転記することもできます。
 
 
 ■ 複数のセル範囲にデータを転記


 


類似機能
機能152:ランダムデータ書込
機能175:ランダム転記


この機能のトップに戻る
 
2011.12.15