入力・編集

機能175

 ランダム転記

 データをランダムに転記したい!

 セル範囲のデータをランダムに転記します。

 
曜日別の担当者を決めます。コンピュータが決めるので恨みっこなし!
 ■ ランダム転記



 



機能を実行すると、転記元、転記先のセル範囲を指定するダイアログボックスが表示されます。
 
 
 ■ 転記元の指定

 
 ■ 転記先の指定


転記元セル数<転記先セル数の場合、転記の方法を指定するダイアログボックスが表示されます。
 
 ■ 転記方法の指定


この機能では、転記元と転記先に異なるセル数のセル範囲を指定することができます。上記の確認メッセージに対して[はい]と答えた場合、全てのセルを満たすために、転記済みのデータを再度転記するようになります。
 
 ■ 確認メッセージに対して[いいえ]と答えた場合


上記の例では、転記元のセル数が5、転記先のセル数は7です。転記先のセル数が2つ多い状態になります。確認メッセージに対して[いいえ]と答えた場合は、転記先の2つのセルは空欄になります。
 
 ■ 確認メッセージに対して[はい]と答えた場合


確認メッセージに対して[はい]と答えた場合は、転記先の全てのセルが埋められます。このとき、転記元のデータが複数回(上記の例では2回)転記されます。
 


類似機能
機能111:セル範囲の転記
機能141:ランダムセル選択
機能152:ランダムデータ書込
機能174:大抽選会
機能201:ランダム組み合せ
機能292:ランダム行列選択
機能305:ランダム部分置換
機能515:ランダム転記2
関連機能
機能091:ランダムソート
機能344:セルデータシャッフル


この機能のトップに戻る

2004.10.29