シート処理

機能640

 セルデータ連結貼付

 既存のデータに連結してデータを貼り付けたい!

 コピーしたデータを既存のデータに連結して貼り付けます。


既存データに連結してコピー元のセルデータを貼り付けます。
 ■ 連結貼り付け
A のセルデータを @ の既存データに連結して貼り付けます。
下記の例では、区切文字としてスラッシュを指定しています。


 
 


ボタンをクリックすると機能メニューが表示されます。
 
 ■ 機能メニュー

 
 区切文字の指定
データを連結する際に付加する文字は、機能メニュー 区切文字」のテキストボックスに指定します。
 
 

区切文字を入力後は、[Enter]または[Tab]で入力を確定してください。

区切文字の指定がない場合は、データは単純に連結されます。
 
 ■ 区切文字なしの連結


特殊な区切文字としてセル内の改行を指定することができます。
 
 ■ セル内改行を付加して連結


セル内の改行を指定する場合は、区切文字として<改行>を入力します。
 

 
 貼り付け位置の指定
機能メニュー 貼り付け位置」のドロップダウンリストボックスで貼り付け位置を指定します。
 
 ■ 貼り付け位置


前 〜 既存データの前にコピー元のデータを連結貼り付けします。
後 〜 既存データの後にコピー元のデータを連結貼り付けします。


 
 機能の実行
機能メニュー の「実行」をクリックすると、コピー元、貼り付け先のセル範囲を指定するダイアログボックスが表示されます。
 
まず最初にコピー元のセル範囲を指定します。
 
 ■ コピー元のセル範囲の指定


次に、貼り付け先のセル範囲を指定します。
 
 ■ 貼り付け先のセル範囲の指定


貼り付け先のセル範囲を指定して[OK]ボタンをクリックすると、連結貼り付けを実行します。
 
 ■ 連結貼り付け

 
 同じデータを複数のセルに連結貼り付けする
コピー元として単一セル、貼り付け先として複数セルを指定して機能を実行すると、コピー元のデータを貼り付け先の全てのセルに連結することができます。
 
 ■ 同一データの連結貼り付け

 



類似機能
機能051:文字の連結
機能077:セル&文字列結合
機能114:セル&文字行結合
機能493:セルデータ連結
機能665:フォント書式連結貼付


この機能のトップに戻る

2013.10.04/2015.05.18