検索・分析

機能675

 マーク検索

 セルに表示したマークを検索したい!

  セルに表示したマークを検索します。  


こんな時に使います!
 
注目すべきセルに表示した情報マーク を検索します。
 ■ 情報マークの検索


 
 

 
 
  ボタンをクリックすると機能メニューが表示されます。
 
 
 
 ■ 機能メニュー
 
 

 
 
 
 表示するマークの指定
 
  機能メニュー 表示マーク」でセルに表示するマークを指定します。
 
 
 
 ■ 表示マークの指定
 
 

表示されるドロップダウンリストからマークを指定します。
機能を実行すると、マークの一覧を記録したシート「FF図形ライブラリ」がブックに追加されます。
 
 
 
 ■ シート「FF図形ライブラリ」
 
 

シート「FF図形ライブラリ」は、上記のようにマークを識別する名称とマーク本体で構成されています。機能メニューのリストにはマーク名称が表示されます。
ユーザー独自のマークをライブラリに登録する場合は、機能メニュー マーク登録」を実行します。
手動でライブラリに登録する場合は、列Aに名称を記入して、列Bに作成したマークを貼り付けます。

 
 
 
 表示位置の指定
 
  セル内のマークの表示位置は機能メニュー 表示位置」で指定します。
 
 
 
 ■ マークの表示位置指定
 
 



 
 
 
 マーク表示
 
  マークを表示するセルを選択後に、機能メニュー マーク表示」をクリックすると、 で指定されたマークが で指定された位置に表示されます。
 
 
 
 ■ マーク表示
 
 

 
 
複数のセルを選択して機能を実行すると、同じマークを一度に表示することができます。
 
 
 

 

 
セルのショートカットメニューから「マーク表示」を実行することもできます。

 
 
 
 
 
 
 マーク検索
 
  マークのセル位置を検索する場合は、機能メニュー マーク検索」を実行します。
次のようなダイアログボックスが表示されます。
 
 
 
 ■ マーク検索のダイアログボックス
 
   
 
 
 
検索するマークの指定
 
  ダイアログボックスの 検索対象マーク」で検索するマークにチェックを入れます。 のボタンで全てのチェックを ON/OFF することができます。
 

 
 
 
検索の実行
 
  検索」ボタンで検索を開始します。
 

 
 
 
該当セルの操作
 
  検索にヒットしたセルは 該当セル」に リストで表示されます。
 


リストをクリックすると、該当セルがアクティブになり、セルの位置が分かります。
 


全セル選択」ボタンをクリックすると、検索にヒットした全てのセルを選択状態にすることができます。
 


行全体を選択」にチェックを入れると、該当セルを含む行の全体が選択状態になります。
 


 
 
 
 マーク登録
 
  ユーザーが独自に作成したオリジナルのマークを図形ライブラリに登録する手順は次のとおりです。
 
 
 

@

Windows付属のペイントや市販のグラフィックソフト、あるいは、Excelのオートシェイプでオリジナルのマークを作成します。  
 
 ■ オリジナルマークの作成
 
 
 
 
 

A

作成したマークをワークシートの任意の位置に貼り付けます。
 
 
 
 ■ マークの貼り付け
 
 
 
 
 

マークのサイズはセルの高さを考慮して縦横16pxが適当です。  
     
 

B

マークを選択状態にしてから機能メニュー マーク登録」を実行します。
 
 
 
 
 

C

マークの登録名を入力します。
  
 
 
 ■ マークの登録名入力
 
 
 
 
 

D

作成したマークは図形ライブラリに登録されます。
  
 
 
 ■ 図形ライブラリ
 
 

登録されたマークは、表示マークの一覧に表示されるようになります。
 


 
 
 
 マーク消去
 
  表示されているマークを消去する場合は、消去するセル範囲を選択後、機能メニュー マーク消去」をクリックします。
 
 
 
 ■ マーク消去
 
 

 
 



類似機能
機能461:セル内マーク表示
関連機能
機能517:アクティブセルマーク表示


こんな時に使います!

複数のセルや行を選択して書式設定やコピーを実行する場合、選択の操作には注意が必要です。一度選択したセルや行を非選択の状態に戻すことはできませんし、[Ctrl]キーを押し忘れて選択すると、今までの選択状態が全てパーになってしまいます。
この機能を使えば、選択すべきセルにあらかじめマークを付けておき、一括してセルを選択することができます。

次の例は、この機能を使って行データの転記を実行するものです。
 
 ■ 行全体を選択


コピーする行のセルにマークを表示します。上記の例では、独自に作成したチェックマークを列Cのセルに表示して「マーク検索」で行全体を選択 状態にしています。
 
 ■ 選択行をコピー&貼り付け


選択した行をExcelの「コピー」機能でコピー後、他のシートへの「貼り付け」を実行すれば、必要な行データだけを抜き出して転記することができます。
 

この機能のトップに戻る
 
2015.12.09