シート処理

機能189

 表データの連結

 複数の表データを1つにしたい!

 複数のシートに分散している表データを1つに連結します。
 この機能は ValuePack #3
に収録されています。
この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。


こんな時に使います!
 
Sheet1Sheet2の表データを連結します
■連結する表データが記録されているシートを選択して機能を実行します。


 

  
 
■新たなシートが挿入され、指定されたシートの表データが連結されます。


 

 



処理対象のシートは、シート見出し(シートタブ)を選択状態にして指定します。
 
 
■シート見出し
 

Ctrl]キーを押しながらシートタブをクリックすると、複数のシートを選択(作業グループ化)することができます。
 

メニューの「全シートの選択」を実行すると、ブック内の全ワークシートを選択状態にすることができます。
 
■全シート選択

※ブック内の全ワークシートをイッキに選択状態にします。
 


類似機能
機能195:シート集約 
機能480:シート連結 
機能495:セル範囲スクラップ
機能627:セル範囲自動抽出
関連機能
機能338:表サーチ&シート転記
機能383:同一セルデータ抽出


こんな時に使います!
    この機能は、いくつかのシートに分散している表データを連結してひとつのシートに集約するものです。連結する表データのフォーマットは問いません。Sheet1の表の下にSheet2の表、その下にSheet3の表...という具合に、指定されたシートに収録されている表データをドンドン連結していきます。

■シートに分散している表をひとつのシートに集約
 

機能を実行すると、新たなシートが自動的に追加され、そのシートに表データが連結されていきます。(元の表データはそのままの状態を保ちます。)

この機能のトップに戻る
 
2004.09.09