シート処理

機能495

 セル範囲スクラップ

いくつかのセル範囲をスクラップ(切り抜き)して同一シート上で見たい!

  セル範囲を画像としてスクラップ(切り抜き)して、指定されたシートに貼り付けます。複数のセル範囲の内容を、同一シート上で確認することができます。  


こんな時に使います!
 
4つのセル範囲をスクラップして同一シートに貼り付けます。
 ■ セル範囲のスクラップ



セル範囲の内容を画像としてスクラップしますので、レイアウトの異なるセルの情報を並べて確認する事ができます。

 


 



ボタンをクリックすると、機能メニューが表示されます。
 
 ■ 機能メニュー

 
 スクラップシートの指定
まず最初に、スクラップしたセル範囲の画像を貼り付けるシート(スクラップシート)を指定します。
 
 

 
スクラップシートを指定するまで機能メニューの
は使用できません。
 

スクラップシートとして使用するシートをアクティブにしてから機能メニューの スクラップシート指定」をクリックします。
 
 ■ スクラップシートの指定

 
 セル範囲のスクラップ
スクラップを実行する場合は、スクラップするセル範囲を選択してから、機能メニュー セル範囲スクラップ」をクリックします。
 
 ■ セル範囲のスクラップ


上記の例のように、複数のセル範囲を選択してスクラップすることもできます。この場合、セル範囲単位でスクラップされます。

スクラップされたセル範囲の画像は、スクラップシートに貼り付けられます。
 

 

  
セルを右クリックすると表示されるショートカットメニューから「セル範囲スクラップ」を実行することもできます。


 
 
 スクラップシートの参照 
機能メニュー スクラップシート参照」を実行すると、スクラップシートがアクティブになり、スクラップの状態を確認することができます。
 
 ■ スクラップシートの参照


スクラップシートには、次の形式でスクラップされた画像が貼り付けられます。
 
 ■ スクラップシートの構成


スクラップ情報として、スクラップしたブック名、シート名、セル範囲が記入されます(ブック名:シート名!セル範囲の形式)。スクラップされた画像は、スクラップ情報の次の行に貼り付けられます。
 


類似機能
機能189:表データの連結
機能203:データ転記
機能387:セル範囲データ転記
機能519:同一セル範囲整列表示
機能627:セル範囲自動抽出
関連機能
機能384:セル範囲画像保存
機能522:コメント画像表示


  こんな時に使います!
    あの表の「あそこ」と、この表の「ここ」と「ここ」を並べて見たいなぁ...
まとめて1ページに印刷したいなぁ...
このデータの一部を報告書に使いたいなぁ...

この機能は、セル範囲を画像としてスクラップすることにより、表データの必要な部分を1シートに集約することができます。画像としてスクラップしますので、列幅が異なる表でもレイアウトを崩すことなく、1シート上で見る事ができます。

また、スクラップした画像を報告書やプレゼンの資料として利用することも可能になります。

この機能のトップに戻る
 
2011.02.09