文字処理

機能208

 指定位置文字挿入

 指定した桁位置に文字を挿入したい!

 指定された桁位置に文字を挿入します。この機能は ValuePack #2
に収録されています。
この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。


こんな時に使います!
 
ハイフンのない郵便番号に、ハイフンを挿入します

 


 


 ◇ 機能実行前に、文字を挿入する桁位置と挿入する文字を指定します。

 ■桁位置の指定
 


 ■挿入文字の指定
 

 


類似機能
機能227:指定文字数の抽出/削除
機能304:カッコで囲む
関連機能
機能332:文字間文字挿入


こんな時に使います!
    あ〜やっとデータの作成が終わった! チャチャっと化粧を済ませれば、デートの時間にはなんとか間に合いそう。ウキウキ気分の弘子さん。しかし、彼女の気持ちを課長の言葉が切り裂いた。「郵便番号のデータにハイフンがないよ。やり直してくれる?」

この機能は、データの指定した桁位置に任意の文字を追加するものです。ハイフンのない郵便番号データも、「4桁目にハイフンを入れて」と指示すれば、アッという間に仕事が完了。気力と根性とタイピングの速さで仕事をこなす時代ではないのです。
この機能を使えば、電話番号の市外局番の前後にカッコを付けたり、■や●、§などの文字をデータの先頭に追加することができます。

この機能のトップに戻る
 
2004.08.30