文字処理

機能227

 指定文字数の抽出/削除

セルのデータから指定文字数を抽出・削除したい!

  データの先頭、末尾、あるいは指定文字位置からデータを抽出、または削除します。文字数の指定が可能です。この機能は ValuePack #4
に収録されています。
この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。


こんな時に使います!
 
データの先頭から2文字を抽出します。
 
■データを抽出するセル範囲を指定して機能を実行します


 
 
◇上記の抽出を行う場合、次のような指定を行い機能を実行します。


 
 


類似機能
機能095:指定文字まで抽出/削除
機能208:指定位置文字挿入
機能304:カッコで囲む
機能468:n文字目以降削除


こんな時に使います!
     
「このデータだけが欲しいのに、余計なデータまで記入されている!」と溜息をついたことはありませんか?必要なデータをコピーして貼り付け、あるいは、余計なデータを[Delete]キーで削除してやっと愛しのデータだけに加工する...。手間がかかりますね。

■順位データが文字に挟まれているケース


このような場合は、この機能の「抽出」を使うと簡単に必要なデータだけを抜き出すことができます。

上記の例では、メニューの「指定文字位置」に「7」(文字目から)、「文字数」に「4」を指定して「抽出」を実行します。抽出されたデータは、隣のセルに書き出されます。

また、次のように、指定位置からデータを削除することもできます。
■データの最後に付加されている「円」を削除

上記の例は、開始位置に「末尾から」、「文字数」に「」を指定して「削除」を実行したものです。余計な「円」を削除することにより、データを数値として取り扱うことが可能になります。

この機能のトップに戻る
 
2004.08.30