シート処理

機能342

 差し込みデータ印刷

 表のデータを差し込んで印刷したい!

 表データを単票形式のシートに差し込んで印刷します。


こんな時に使います!
 
表データを領収書のフォームに差し込んで印刷します
 ■ 差し込み印刷



 

 


印刷用のシート(フォーム)を作成します。このとき、データを差し込む(転記する)セルに名前を定義します。名前は表データの項目名と同じにします。
 
■ 印刷フォームの準備


上記の印刷フォームの例では、次のように名前が定義されています。
 
■ 名前の定義

 
 

名前の定義は、Excelのメニューで「挿入」−「名前」−「定義」を実行します。

 


  機能を実行すると次のようなウィンドウが表示されます。
 
■ 表データシート(転記元)と単票シート(転記先)の指定
 

このウィンドウで表データシート(転記元)と単票シート(転記先)を指定して[実行]ボタンを押します。


  表データシートの項目名が記入されている行番号を指定します。
 
■ 項目名の行番号を指定
 

スピンボタン で項目名の行を指定して[OK]ボタンを押します。
 
 

表データシートから単票シートに転記される項目名の確認を行ないます。
 
■ データ転記の確認
 

データを転記しない場合、項目のチェックを外します。

処理開始]ボタンを押すと差し込みデータの転記と印刷が実行されます。
 
■ 差し込み印刷の実行
 

 

 

 
表データの行を非表示に設定することにより、印刷の対象から除外することができます。
  

 ■行の非表示設定
 
 


関連機能
機能237:項目毎データ転記


こんな時に使います!
  この機能は、ワークシート間でデータを転記することにより、差し込み印刷を実行するものです。転記は、表データの項目名とセルに定義した名前を照合して行います。表データを1行ずつ単票形式の印刷フォームに転記して印刷することにより差込印刷を実現します。

転記先としてセルの他、文字入力可能な図形オブジェクト(四角形などのオートシェープ、テキストボックス、ワードアート)を使うことができます。

次の例は、ワードアートをレイアウトした印刷フォームに表データの内容を差し込んで印刷するものです。

 

この機能のトップに戻る
 
2007.04.16