その他

機能354

 ボタン作成マクロ3

 ポップアップ形式のメニューを表示したい!

  ポップアップ形式のメニューを表示するマクロをブックに挿入します。オリジナルのマクロをポップアップのメニューのクリックで実行する環境を簡単に作成することができます。  


こんな時に使います!
 
ポップアップメニューを表示するマクロをブックに挿入します。
 ■ 既定のツールボタンとポップアップメニュー


機能を実行すると、現在作業中のブックにツールボタンを作成するマクロを挿入します。
上図はマクロが作成する既定のボタンです。ボタンをクリックすると、2つのメニュー項目を持つポップアップ形式のメニューが表示されます。
マクロを編集して、ボタンやメニュー項目のアイコンやキャプションを自由に変更することができます。
 
 
 ◆ 挿入されるマクロ一覧
この機能を実行すると、現在作業中のブックに次のマクロが挿入されます。
 

マクロ挿入位置

No.

 マクロ名

ThisWorkbook

Workbook_Open
Workbook_BeforeClose
標準モジュール FF_AddMenuItem2CmdBar
FF_CreateCmdBar
FF_DeleteUserDefMenuItem
FF_IsCmdBarExist
FFCreateUserDefToolButton3
FFDeleteUserDefToolButton3
FFShowPopup
MyMacro3
MyMacro4


 
は Microsoft Excel Objects の ThisWorkbookに、また、 は、新規に作成される標準モジュール(Module)に挿入されます。
 
 ◆ マクロの機能

No.

 機 能

ブックを開いた時に自動実行されるイベントプロシージャです。ツールボタンを作成するマクロ FFCreateUserDefToolButton3 を呼び出します。
ブックを閉じる時に自動実行されるイベントプロシージャです。ツールボタンを削除するマクロ FFDeleteUserDefToolButton3 を呼び出します。
ツールバーにツールボタンを追加するマクロです。
ユーザー定義のツールバーを作成するマクロです。
ツールボタンを削除するマクロです。
ツールバーの存在の有無をチェックするマクロです。
ツールボタンを作成するマクロです。
ツールボタンを削除するマクロです。
ポップアップメニューを表示するマクロです。
ポップアップメニューがクリックされた時に実行されるマクロです。



新規ブックにマクロを挿入する場合は、一度ブックを保存してから機能を実行してください。
マクロを挿入するブックのプロジェクトがパスワードで保護されている場合は、パスワードを入力し、マクロが閲覧、編集可能な状態にしてから機能を実行してください。
Excel2002以降のバージョンでは、「ツール」−「マクロ」−「セキュリティ」を実行すると表示されるダイアログボックスの「信頼のおける発行元」タブにおいて、「Visual Basicプロジェクトへのアクセスを信頼する」にチェックをいれてください。


 

 
 ◆ ボタン、ポップアップメニューのデザインを変更するには
ボタン及びポップアップメニューのデザインの初期設定は、次のようになっています。
 
■ボタンの初期設定

デザイン

No.

初期設定

備 考

キャプション

MyButton3 ボタンの上に表示される文字
ツールチップ MyButton3 ボタンの機能説明

■サブメニューの初期設定

デザイン

No.

初期設定

備 考

キャプション

MyMenu1 メニュー項目名

マクロ

MyMacro3 メニュー項目がクリックされた時に実行されるマクロ名

アイコン

FaceId が 42 のアイコン

ボタンのデザインを変更する場合は、
マクロ FFCreateUserDefToolButton3 の以下の部分を編集します。
 
 ■ FFCreateUserDefToolButton3

 
次図のようなデザインのボタン、メニュー項目を作成する場合は、FFCreateUserDefToolButton3 を次のように書き換えます。

マウスカーソルをボタンの上に移動するとツールチップが表示されます。

 

ボタンをクリックするとポップアップメニューが表示されます。

 


 

 

上記の例では、メニュー項目がクリックされた時に実行するマクロとして EditReport、PrintReport、SaveReport を設定しています。これらのマクロは、ユーザーが独自の仕様に基づいて作成します。

 

Excel には、ユーザーが利用可能なアイコンが多数組み込まれています。このアイコンを利用する場合は、FaceId と呼ばれるアイコンの識別番号を指定します。
FaceId の一覧は、アイコンイメージ一覧 をご覧ください。
 

 

 
ボタンのキャプションを変更した場合は、ツールボタンを削除するマクロ FFDeleteUserDefToolButton3 の の部分を ボタンのキャプションにします。

 
 

サブメニューを表示する場合は、FFCreateUserDefToolButton3 を次のように記述します。
 ■ サブメニューの表示

 



 



関連機能
機能059:ツールボタン自動作成 
類似機能
機能333:ボタン作成マクロ1
機能345:ボタン作成マクロ2

 
こんな時に使います!
この機能は、ポップアップ形式のメニューを表示するユーザー定義のツールボタンを作成し、表示するマクロをブックに挿入するものです。
機能を実行すると、作業中のブックに、ボタン作成用のマクロが自動的に挿入されます。コピーや貼り付けは不要です。テンプレートのようなマクロが挿入されますので、あとは、必要に応じてマクロを編集し、ボタンをカスタマイズするだけで、オリジナルのインターフェースを作成することができます。

この機能のトップに戻る
 
2007.06.07