入力・編集

機能526

 ショートカット入力2

  ショートカットメニューからデータを入力したい!

  セルのショートカットメニューから入力頻度の高いデータをセルに書き込むことができます。  

 
横浜市の区の名前をショートカットメニュー使って入力可能にします。
 ■ ショートカットメニュー入力



 

 


ボタンをクリックすると機能メニューが表示されます。
 
 ■ 機能メニュー

 
 リストの編集
準備作業としてまず最初に行うことは、ショートカットメニューに表示するリストを定義することです。
機能メニューの ショートカット編集」を実行すると、現在アクティブなブックにシート「FFショートカット編集」が挿入されます。 ショートカットメニューの定義は、このシートで行います。
 

 
 ■ ショートカットメニューのリストの定義


リストの定義は、列Aから列単位で行います。1行目には、データの項目名、2行目以降は、ショートカットメニューに表示するデータを入力します。
複数のデータ項目を定義する場合は、同じ書式で、列B以降に記述します。
 
 ■ 複数のデータ項目の定義


上記のような定義をした場合、次のようなショートカットメニューが表示されます。
 

 
 リストの更新
次に、定義したリストを実際のショートカットメニューに反映します。
定義シート「FFショートカット編集」をアクティブにした状態で、機能メニュー ショートカット更新」を実行します。


 
 

 
シート「FFショートカット編集」がアクティブでない場合、メニュー項目「ショートカット更新」は淡色表示になり、実行できない状態になります。
 

 
ショートカット更新」を実行後、シート「FFショートカット編集」は破棄しても構いません。
 


機能メニューの 有効」をクリックすると、セルの右クリックでショートカットメニューが表示されるようになります。
 
 ■ ショートカットメニューの 表示


チェックマークが表示されている「有効」を再度クリックすると、 この機能は無効になり、セルを右クリックするとExcelのショートカットメニューが表示されます。
 
 ダイレクト表示
機能メニューの ダイレクト表示」にチェックが入っている場合、セルを右クリックすると、定義されているショートカットメニューが表示されます。(Excelのセルのショートカットメニューは表示されません。)
 
 ■ ダイレクト表示


機能メニューの ダイレクト表示」をクリックしてチェックを外すと、Excelのショートカットメニューが表示され、その最上部に当機能のメニュー項目が追加されます。
 
 ■ Excelのメニュー表示


 


類似機能
機能140:文字入力パレット
機能181:ショートカット入力
機能217:ボタン入力
機能525:ドロップダウン入力


この機能のトップに戻る
 
2012.08.08