入力・編集

機能064

 ナンバリング2

 A、B、C、... という項番をふりたい!

  指定されたセル範囲に項番を振ります。
数字のほか、アルファベット、ひらがな、カタカナの項番をふることができます。この機能は ValuePack #4
に収録されています。
 

 
数字、アルファベット、ひらがなで項番をふります
 ■ 項番の付与



指定可能な文字

項番として指定可能な開始文字は次のとおりです。
 
 ■ 指定可能な開始文字


 

開始文字として、上記の全角文字も指定可能です。
開始文字として、連番の途中の文字を指定することもできます。
たとえば、開始文字として”100”を指定すると、項番は、100、101、102、103、104、...になります。
 
 ■ 表示例



 

書式指定

書式指定では、項番の表示形式を指定します。通常は、既定値の”@”を指定しますが、ゼロを先行させる項番や、付加文字のある項番を表示する場合は、書式の指定を行います。
 
 ■ 書式指定

 
 ■ 表示例


 

処理対象のセル

項番を付与するセルは、機能メニューで指定します。
 
 ■ 機能メニュー

  ナンバリング
選択されているセル範囲に項番を振ります。複数のセル範囲を指定することができますので、次の例のように、不連続なセルに項番を ふることができます。

 
  リナンバリング
選択されているセル範囲 のうち、空白セル以外のセルに項番を振ります。
既存の項番を振りなおす処理を想定した処理オプションです。
 


 



 

 
 セルの表示形式
 
 
  項番の書式設定が正しく反映されるように、セルの表示形式を
”文字列”にしてください。たとえば、書式設定に ”000” を指定した場合(前ゼロ付きの3桁項番)、セルに設定されている表示形式により、処理結果は次のようになります。
 
 ◇表示形式:標準(数値)
 
 ◇表示形式:文字列
 


 


 

◇ セル範囲を指定して機能を実行した後は、次の2つの条件を設定します。
 
 ■ 開始文字

 
 ■ 書式

 


類似機能
機能078:有効項目ナンバリング
機能126:ナンバリング
機能160:リナンバリング2
機能273:グループ連番付与
関連機能
機能348:Wクリック連番付与
機能467:ブロック連番付与


この機能のトップに戻る

 
2004.11.15/2009.05.28