入力・編集

機能126

 ナンバリング

 項目番号を自動的に書き込みたい!

  ナンバリングを行うボタンです。指定されたセル範囲に項目番号や連続番号などを書き込むことができます。この機能は ValuePack #5
に収録されています。
 

 
セル範囲を指定して機能を実行するとセルに連続番号を書き込みます。

 
 

 
 
  ボタンをクリックすると、ナンバリングの条件を指定するためのダイアログボックスが表示されます。
 
 
 
 ■ 条件指定のダイアログボックス
 
 
 
 
     
 
 ナンバリング範囲
 
  ナンバリング対象のセル範囲、または基準セルが表示されます。初期値として機能の実行前に選択されているセル範囲が表示されます。ナンバリングするセル範囲を変更する場合は「セル範囲指定ボタン」をクリックします。
 
 
 

複数のセル範囲をナンバリングの対象に指定することもできます。  
 
 
 
 
 ナンバリング方向
 
  ナンバリングを実行する方向を指定します。
 
 
 
選択範囲
 
  の「ナンバリング範囲」で指定されたセル範囲を対象にナンバリングを実行します。
 
 
 
行方向(↓)
 
  セル範囲の第1セル(基準セル)を基点にして、行方向(下方向)にナンバリングを実行します。ナンバリングされるセルの数は、 の「値指定」で設定された条件で決まります。
 
 
 
 ■ 行方向へのナンバリング
 
 
 
 
 
列方向(→)
 
  セル範囲の第1セル(基準セル)を基点にしても列方向(右方向)にナンバリングを実行します。ナンバリングされるセルの数は、  の「値指定」で設定された条件で決まります。
 
 
 
 ■ 列方向へのナンバリング
 
 

 
 
 
 値指定
 
  ナンバリングの初期値、終了値、増分を指定します。 の「ナンバリング方向」が「行方向」、「列方向」の場合、ここで指定された条件に従ってナンバリングされるセル数が決まります。
 
 
 
 ■ 値指定によるナンバリング
 
 

 
 
 

 

 
複数のセル範囲を指定してイッキにナンバリングすることもできます。
 


 

     

類似機能
機能064:ナンバリング2
機能078:有効項目ナンバリング
機能160:リナンバリング2
機能273:グループ連番付与
関連機能
機能348:Wクリック連番付与
機能467:ブロック連番付与


 この機能は、アドインバリューパック#5に収録されています。
  
   

この機能のトップに戻る
 
2004.08.29 / 2009.05.27 / 2014.08.07