文字処理

機能095

 指定文字まで抽出/削除

指定文字までのデータを抽出(または削除)したい!

  文字データの先頭、あるいは末尾から指定された文字までのデータを抽出、あるいは削除します。この機能は ValuePack #2
に収録されています。
この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。
 

 
連番、都道府県名、データがひとつセルに記入されているデータから、連番を抽出します。
 ■ 連番の抽出



 

 


機能メニューで処理の条件を指定します。
 
 ■ 機能メニュー


処理の条件を指定後、処理対象のセル範囲を選択してから機能メニューの[実行]をクリックすると、次のようなダイアログボックスが表示されます。
 
 ■ 検索文字入力ダイアログボックス


このダイアログボックスに検索文字を入力します。検索文字は、1文字でも、複数文字の単語でも指定することができます。
 
 指定文字の検索方向
指定文字をデータの「先頭から」検索するか、「末尾から」検索するかを指定します。
 
 ■ 文字の検索方向


たとえば、半角のピリオドを指定文字とした場合、上記の文字データでは、先頭から検索すると「1.」、末尾から検索すると「.北海道 567」が抽出/削除の対象になります。
 
 抽出
抽出」処理の場合、ワークシートに新たな列が挿入され、その列のセルに抽出されたデータが転記されます。検索方向が「先頭から」の場合、処理対象のセルの左隣りに列が挿入されます。
 
 ■ 列の挿入(先頭から)
先頭から半角ピリオドまでのデータを抽出します。
 



検索方向が「末尾から」の場合、処理対象のセルの右隣りに列が挿入されます。
 
 ■ 列の挿入(末尾から)
末尾から半角スペースまでのデータを抽出します。
 

 
 削除
削除」処理の場合、セルから指定文字までのデータが削除されます。
 
 ■ 先頭から検索して削除
先頭から半角ピリオドまでのデータを削除します。
 


 
 ■ 末尾から検索して削除
末尾から半角スペースまでのデータを抽出します。
 

 
 


類似機能
機能128:指定文字以降削除
機能226:指定文字間の抽出/削除
機能227:指定文字数の抽出/削除
機能468:n文字目以降削除
関連機能
機能401:n文字目以降置換

 
 この機能は、ボタンコレクション100Vol.1/200、 および、
   アドインバリューパック#2 に収録されています。

この機能のトップに戻る
 
2004.08.24 / 2010.10.04