地図グラフ

機能576

 北海道地図棒グラフ

 北海道の地図の上に棒グラフを表示したい!

 北海道の地図の上に棒グラフを表示します。

 
 
当機能の説明は、以下の地図棒グラフの説明を兼ねています。
下記機能をご利用の方は、「北海道」を各都府県名に読み替えてください。
 
 

機能577:青森県地図棒グラフ 〜 機能622:沖縄県地図棒グラフ

北海道の地図の上に棒グラフを表示します
 ■ 地図上に棒グラフを表示


 

 
  準備作業
  操作手順
  データシート
  グラフ仕様設定
  機能メニュー
  プロットメニュー
  補助機能
  その他の仕様
  ・棒グラフの省略表示
  ・マイナスデータの取り扱い
 

 
 
 
 
 

機能メニューの「補助機能」→「白地図の読み込み」を実行して、アクティブブックに白地図シートを読み込みます。
 

■ 白地図シートの挿入


白地図のシート名を指定して[OK]ボタンをクリックします。
 
■ 白地図シート名の指定




市町村に区分けされた白地図が読み込まれます。
 

■ 白地図シート


 

 

 
白地図シートと同時に、データ入力用のデータシートも自動的に挿入されます。データシートのシート名は、「白地図シート名+.DAT」 となります。
 

 
 
 
 

  データシートに棒グラフ用のデータを入力します。
 

■ データ入力


データシートには1プロットにつき5項目までのデータを入力することができます。
 

 

 
当機能では、グラフの表示位置を「プロット」と呼びます。都道府県別の地図では、各市町村がプロットになります。
 

 
 

棒グラフの表示仕様を設定します。
白地図シートをアクティブにして、機能メニューの「グラフ仕様設定」をクリックします。
 
 
■ グラフ仕様設定


グラフ仕様を設定するための、次のようなダイアログボックスが表示されます。
 
■ グラフ仕様設定ダイアログボックス


 

グラフを描画します。
グラフ仕様を設定後、ダイアログボックスの左下の[グラフ描画]ボタンをクリックすると、地図上にグラフが表示されます。
 
■ グラフの描画


グラフ仕様の設定方法の詳細は、「グラフ仕様設定」をご覧ください。

 

 
 

 データシート 
 
データシートは、棒グラフを描画するためのデータを記入するワークシートです。機能メニューの「補助機能」→「白地図の読み込み」を実行すると、空のデータシートが自動的に挿入されます。
 

データシートのシート名は、「白地図シート名+.DAT」 となります。
 
 ■ データシート

 

当機能では、最大5項目のデータを入力してグラフ化することができます。
 
データシートの構成
1行目の列B〜列Fには、データの種類を表す「データ項目名」を入力します。初期値は、「データ1」〜「データ5」となっています。データの内容により、 たとえば、「売上金額」、「人口」など、適宜、セルの内容を変更してください。 
列Aの各行には、グラフの表示位置を示すプロット名が表示されます。この機能の場合、市町村名が表示されます。   

グラフを表示しないプロットの行は、削除しても構いません。 
グラフ化するデータとメモを入力します。グラフ化するデータを最大5項目(列B〜列F)、列Gには、「メモ」として付加表示する項目を1つ入力することができます。 
列Gの各行には、付加表示としてグラフに表示可能なメモ的データを入力することができます。 

 
 
データシートの書式設定
データシートのセルの書式設定は自由に行うことができます。グラフの描画にはセルに入力した実値が計算に使われ、棒グラフの高さが決定されます。グラフに表示されるデータ値は、書式設定に従って表示されているセルの表示値になります。
 
 ■ データシートの書式設定とデータ表示


 
白地図シートとデータシートの対応
当機能では、「白地図シート名+.DAT」のワークシートを、グラフが描画される白地図シート専用のデータシートとします。たとえば、白地図シート名「北海道」のデータシートは、「 北海道.DAT」となり、このシートに入力されているデータに従って白地図シートにグラフが描画されます。
 
 

何らかの理由により、白地図シート名を変更する場合は、対応するデータシートのシート名も同時に変更してください。
 

 

 

 グラフ仕様設定 
棒グラフの色や高さなどの仕様を設定する場合は、機能メニューの「グラフ仕様設定」を実行します。
 
 ■ グラフ仕様設定


機能を実行すると、次のようなダイアログボックスが表示されます。
 
 ■ グラフ仕様設定


 
 

グラフ化するデータ項目と棒の色とパターンの指定 

 

グラフ化するデータ項目は、データ項目名の横のチェックボックスにチェックを入れます。また、棒グラフの色とパターンは、各データ項目の ボタンをクリックして指定します。
 


  ボタンをクリックすると、次のようなウィンドウが表示されます。
 

 

 

棒の幅 、高さ、間隔の指定 

 

 

棒グラフの幅、高さ、間隔は ボタンで指定します。
 


をクリックすると値を増減することができます。指定された値(単位はポイント)は、ボタンの左側に表示されます。
 
ここで指定される棒の高さは、 「棒の高さの適用値」で指定されたデータが描画される際の高さになります。
 


 

 

棒の高さの適用値 

 

 

の「棒の高さ」で指定された値を適用するデータを指定します。
 


たとえば、適用値を「最大値」(既定値)に指定した場合、グラフ化対象のデータのうち、最大値のデータが「棒の高さ」で指定された高さになり、その他のデータは、最大値を基準にして棒の高さが決まります。
適用値としては、「最大値」の他、「中間値」と「最小値」を指定することができます。
 
適用値の違いによる棒グラフの描画例を次に掲げます。
 
《例》 グラフ化するデータは600、400、200、棒の高さは 50 とします。
 

 ■ 適用値別のグラフ描画



 

棒グラフの形状

 

棒グラフの形状を指定します。
 

 

 
 ■ 棒グラフの形状



 

 

データ表示

 

 

グラフ化したデータやメモ、プロット名の表示に関する設定を行います。
 

 ■ データ表示の例



 

上記のデータ表示に対応する条件設定項目は次の通りです。



 

グラフ化データの表示

グラフ化したデータの表示位置、表示方向、表示フォントを設定します。 
 


 

 ■ 表示位置の指定(表示方向=横)

 
 

 ■ 表示位置の指定(表示方向=縦)

 
 

プロット名、メモの表示

プロットマークの位置を基点に、プロット名とメモを表示することができます。 
 


 

 ■ プロット名とメモの表示例


 

 
  プロット名とメモは、上下のどちらにも表示する事ができます。  
「なし」を指定すると、指定位置にはデータは表示されません。
上に「なし」を指定した場合、下に指定したデータは上位置に表示されます。
 
 
市、町、村の表示を省略する

〜市、〜町、〜村の「市、町、村」の表示を省略する場合は、「市、町、村の表示を省略する」にチェックを入れます。
 

 ■ 市、町、村の表示を省略
 

 
 
 

フォント設定

データの表示フォントを指定する場合は、 ボタンをクリックします。次のようなフォント設定パレットが表示されます。
 

 ■ フォント設定パレット



[オプション>>]ボタンをクリックすると、フォント色を設定する画面が表示されます。
 


 

 

     

 機能メニュー 
当機能のボタンをクリックすると、機能メニューが表示されます。
 
 ■ 機能メニュー

 
グラフ仕様設定
グラフの表示仕様を設定します。
詳細は、「グラフ仕様設定」を参照してください。
 
補助機能
補助機能のサブメニューを表示します。
詳細は、「補助機能」を参照してください。
 
グラフ消去
表示されている全てのグラフ要素を消去します。
 
グラフ描画
設定されているグラフ仕様に基づき、グラフを描画します。
 

     

 プロットメニュー 

  プロットの表示

 
グラフの表示位置を示すプロットを表示する場合は、機能メニューの「補助機能」→「プロットマーク表示」にチェックを入れます。
 
 ■ プロットマーク表示


下の例は、北海道の白地図で定義されているプロット( )を表示したものです。
 
 ■ プロットの表示


 

  プロットメニュー

 
プロットマーク をクリックすると、プロットメニューが表示されます。
プロットメニューには、プロット単位での処理を実行するメニュー項目が表示されています。
 

プロットメニューは、プロットマークの他、当該プロットに表示されているエリア名、メモをクリックしても表示されます。
 
 ■ プロットメニュー


 
 
データ編集
プロット単位でデータの入力/編集を行うことができます。
次のような、データ編集用のダイアログボックスが表示されます。
 
 ■ データ編集ダイアログボックス


データの入力/編集後、[OK]ボタンをクリックすると、データはデータシートに転記されます。

 
グラフ描画
プロット単位でグラフを描画します。
 
グラフ消去
プロット単位でグラフを消去します。
 
グラフ選択
プロット単位でグラフを選択状態にします。
機能を実行すると、グラフ及びグラフの付加表示(データ、プロット名、メモ)が一括して選択状態になり、グラフの移動やコピーを行うことができます。
 
 ■ グラフを選択して移動


 
プロット名変更
プロット名を変更します。
機能を実行すると、次のようなダイアログボックスが表示されます。
 
 ■ プロット名変更


既存のプロット名を変更する場合は、プロット名を入力して[OK]ボタンをクリックします。

 
プロット選択
プロットマークを選択状態にします。
プロットマークの位置は、グラフ表示の中心になります。グラフ表示位置を変更する場合は、プロットマークを選択状態にしてドラッグするか、上下左右のカーソル移動キーを使います。
 
 ■ プロットの移動


 
プロット削除
登録されているプロットを削除します。
削除の確認メッセージに対して[はい]を指定すると、プロット、及び、データシートに登録されている該当プロットのデータが削除されます。
 
 ■ プロット削除の確認


 
 
 
     

 補助機能 
 ■ 補助機能メニュー


 
  凡例表示

グラフ仕様に基づいた凡例を表示します。
 
 ■ 凡例表示


凡例は、タイトル、棒の色とデータ項目名の対応、及び、2つのコメントで構成されています。タイトル、及びコメントは自由に編集する事ができます。
 
 ■ 凡例の編集


凡例をドラッグすることにより、表示位置を移動する事ができます。
 
 ■ 凡例の移動


 
  エリア線色指定

白地図の境界線の色(エリア線色)を指定することができます。
エリア線色指定」を実行すると、色指定のためのダイアログボックスが表示されます。
 
 ■ エリア線色の指定


上記は、エリア線色に「」を指定した場合の表示例です。

 
  エリア塗色指定

白地図のエリア内部を塗りつぶす色を指定することができます。
エリア塗色指定」を実行すると、色指定のためのダイアログボックスが表示されます。
 
 ■ エリア塗色の指定


上記は、エリア塗り色に「薄い緑」を指定した場合の表示例です。

 
  クリップボードへコピー

作成した地図グラフをクリップボードへコピーすることができます。
クリップボードへコピーした地図グラフの画像は、他のアプリケーションへ貼り付ける事ができます。
 


 
この機能で作成したグラフの画像をパワーポイントやワードで使用する場合の手順は、以下のページを参考にしてください。

地図グラフの画像をパワーポイントで利用する方法
 

 
  プロットマーク表示

グラフの表示位置であるプロットの表示/非表示を行います。
詳細は、「プロットメニュー」を参照してください。
 
  地図要素の選択

作成した地図グラフの指定された全ての地図要素をグループ化してクリップボードにコピーします。
機能を実行すると次のようなダイアログボックスが表示されます。

 
■ 地図要素の選択


 
選択する地図要素にチェックを入れて[実行]ボタンをクリックします。
選択可能な地図要素は次のとおりです。



選択された地図要素は、別シート、他のアプリケーション、または、色塗り地図に貼り付けることができます。
 
この機能は、地図色塗り機能で作成した地図グラフに、当機能で作成した棒グラフを重ね合わせた画像を作成するために用意されています。
 

■ 地図グラフの重ね合わせ

 

地図要素の重ね合わせは手動でおこないます。

 
  白地図の読み込み

新しい白地図シートをアクティブブックに読み込みます。
機能を実行すると、シート名を指定するダイアログボックスが表示されます。
  
■ 白地図シート名の指定



シート名を入力して[OK]ボタンをクリックすると、新しいシートが挿入され、白地図シート読み込まれます。 
 

 

 
白地図シートと同時に、データ入力用のデータシートも自動的に挿入されます。データシートのシート名は、「白地図シート名+.DAT」 となります。
 

 
  ファイルから白地図の読み込み

地図グラフ用に提供しているオプション地図を使用する事により、他の地域の地図を使って 地図 グラフを作成することができます。

 

 

 
当メニュー項目は、「Excelの玉手箱」のインストールフォルダに、オプション地図が存在している場合に表示されます。オプション地図をご購入いただいていない場合は、メニュー項目は表示されません。
 

ファイルから白地図の読み込み」を実行すると、次のようなダイアログボックスが表示されます。
 
■ 白地図一覧


 
読み込む白地図を選択後、[読み込み]ボタンをクリックします。
 
新しいシートが挿入され、指定された白地図が読み込まれます。
以降の操作は、当機能と同様です。
 
次の例は、「東京都23区」の白地図上に棒グラフを表示したものです。
 

■ 東京都23区の地図グラフ


 
  新規プロット作成

新規のプロット(グラフ表示位置)を作成することができます。
新規プロットの作成手順は、次のとおりです。
 

  「補助機能」→「新規プロット作成」にチェックを入れます。
 

■ 新規プロット作成


この項目にチェックが入っている間は、新規のプロットを続けて作成することができます。
 

プロットを作成する位置をマウスカーソルでポイントしてクリックします。
 
■ プロット位置の指定


 

ポップアップメニューが表示されますので、「新規プロット作成」をクリックします。
 
■ 新規プロット作成

 

  プロット名を指定します。
 

■ プロット名の指定

 

  データ入力画面が表示されますので、データを入力します。
 

■ データ入力



   グラフの仕様に基づき、グラフが描画されます。
 
■ グラフ描画


 

  

 
新規プロットの作成は連続して行うことができます。新規プロットの作成を終了する場合は、「補助機能」→「新規プロット作成」のチェックを外してください。
 
 

 
     

 その他の仕様 

棒グラフの省略表示 
グラフ化するデータの内容、及び、指定した棒の高さや適用値によっては、棒グラフの全てを表示できない場合があります。特に、シートの上の方に位置するプロットにおいて、背の高い棒グラフを表示しなければならない時は、その先端がグラフ表示の限界位置(シートの1行目)を越えてしまいます。このような時、当機能では、下図のように棒グラフを省略して表示します。
 
 ■ 棒グラフの省略

 

マイナスデータの取り扱い  
マイナスデータは、プロット位置から下方向の棒グラフとして表示されます。
 
 ■ マイナスデータのグラフ表現


 

 

類似機能
機能486:日本地図棒グラフ
機能487:アジア地図棒グラフ
機能488:ヨーロッパ地図棒グラフ
機能489:世界地図棒グラフ
機能490:アメリカ地図棒グラフ
機能576:北海道地図棒グラフ 〜 機能622:沖縄県地図棒グラフ
 
関連機能
機能529:北海道地図色塗り
機能138:簡易棒グラフ
機能244:地図棒グラフ
機能276:プロット棒グラフ
機能427:どこでも!棒グラフ
機能432:その場で!棒グラフ
機能412:地図地点プロット
機能417:積上棒グラフ作成
機能529:北海道地図色塗り 〜 機能575:沖縄県地図色塗り
 


この機能のトップに戻る
 
2012.10.15