文字処理

機能134

 文字の分解(横)

 セルのデータを分解したい!

 セルのデータを指定された区切り文字で分解します。この機能は ValuePack #3
に収録されています。
この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。


こんな時に使います!
 
メールアドレスをユーザー名とドメイン名に分解します
 
 ■ 区切り文字として@を指定します。隣の2つのセルに結果が書き込まれます


 

 
◇ 文字分解の例
 

 
 

結果を書き込むセルの表示形式を「文字列」に設定しておくと、数値データの前ゼロを残してデータを分解することができます。

◇ 区切り文字に「なし」を指定すると、データを1文字ずつ分解します。
 

 


類似機能
機能051:文字の連結
機能150:文字の分解(縦)
機能296:キーワード文字分解
機能465:指定文字データ分割
機能510:指定文字種で分割
機能632:n番要素データ抽出
関連機能
機能440:キーワード文字分割


 こんな時に使います!
この機能は、データを区切り文字で分解するものです。データの中には、メールアドレスや電話番号のように、いくつかの情報が連なってひとつのデータになっているものがあります。このようなデータから、ユーザー名や市外局番を取り出すような場合は、この機能をお使いください。

類似機能 機能150:文字の分解(縦)

この機能のトップに戻る
 
2004.10.07