シート処理

機能296

 キーワード文字分解

 指定した文字でデータを分解したい!

 指定された文字(キーワード)で文字データを分解します。
 この機能は
ボタンコレクション200
に収録されています。

 
 ■ <例1> キーワード : 時間 、 分

 
 ■ <例2> キーワード : 万 、 円

 
 ■ <例3> キーワード : 平成 、 年

 
 ■ <例4> キーワード : + 、 =

 
 
◇ キーワードは機能のメニューで指定します
 
 ■ 機能メニュー

 
 

分割の基点となるキーワードを入力します。各キーワードは、 で指定した「区切り文字」で区切って列挙します。
 

各キーワードを区切る文字を指定します。既定値として半角のカンマが設定されています。
カンマをキーワードに指定する場合は、次の例のように、別の区切り文字を指定します。
 
■区切り文字に / (スラッシュ)を指定した場合の例

 

分解された文字データは、処理対象のセルの右隣のセルから順番に記入されます。
 

キーワード、 区切り文字 の入力後は、[Tab]または[Enter]キーを押して入力を確定してください。
 


類似機能
機能440:キーワード文字分割
機能510:指定文字種で分割
関連機能
機能029:文字分割
機能047:文字と数字の分割
機能134:文字の分解(横)
機能150:文字の分解(縦)
機能257:数字で分割
機能465:指定文字データ分割
機能632:n番要素データ抽出


この機能のトップに戻る
 
2006.07.12